人気ブログランキング |
あかねやん国
akaneyaa.exblog.jp
ブログトップ
新刊レビュー ONE PIECE 39巻
注)ネタバレです。
e0033751_22441839.jpg


~ 今までのあらすじ ~

時は大航海時代。
海賊王になることを目指し
「ひとつなぎの大秘宝」(ワンピース)を
追って “偉大なる航路”(グランドライン)へと
航海に出たルフィ達一行。

航海の途中で辿り着いた「水の都」で
古代兵器「プルトン」を巡る陰謀に巻き込まれることに・・・。

世界政府にさらわれた
「プルトン」の設計図を持つ「水の都」の解体屋フランキーと
仲間ロビン(「プルトン」を復活できる唯一の存在)を
奪回に追いかけるのであった。


~ 感 想 ~
今まで、重い話ばっかりだったせいか
この巻ではギャグシーンが満載。
お得意の同時進行バトルで
次々と敵を撃破していく場面でも
テンポのいいギャグが織り込まれてますね。
(最初の頃は、場面が目まぐるしく変わりながら進んでいく、
 この同時進行バトルにもだいぶ慣れてきました。)

登場キャラではサンジが一番好き(闘う料理人なので)
なのですが、今回初めて見せるサンジの包丁捌きには
読んでいて結構シビレさせられました。

あと、どんどんと派手に強くなるゾロも
強くなり過ぎ!と思いましたが、
このぐらいのペースで強くなんないと
鷹の目ミホークには追いつけないのでしょうね。

結局奪回は失敗に終わるのですが
ヘンなニューキャラとかも続々登場して
今後の展開が楽しみです。

ただ、ブルーノの「空気開扉」(エアドア)
 ・・・どこでもドアやん!!
てか、そんな技あるんやったら
今まで壁にドア作ってた意味ないやん!!

あと、今まで普通の海列車に戦いを挑んで
いつも弾き飛ばされてたヨコヅナ(カエル)が
なんで海列車よりももっとスゴイ
「暴走海列車」“ロケットマン”を脱線させることが
できたのだろう??
(この件に関しては、作者もきっと触れないと思う・・・)

顔は怖いのにとても優しいTボーン大佐の
今回の一直線ぶりには好感度大幅UPでした。

ところで、このマンガ、
事件に巻き込まれてばっかりで
肝心な「ひとつなぎの大秘宝」を探す気配が
全然感じられないなぁ。。。
(まあそのうち・・・)
by akaneyaa | 2005-11-12 22:43 | マンガ