人気ブログランキング |
あかねやん国
akaneyaa.exblog.jp
ブログトップ
昼飯前の冒険(終)
あのお方は、山の暗闇からやって来た。
ブ~ンと音を立てながらやって来た。

そう、あのお方の名は・・・!

スズメバチだー!だーだーだー!!!(←今回一番恐怖したエコー)

だが待て。
落ち着け。

確か、以前見た「所さんの目がテン」という番組で
“スズメバチの科学”と言うテーマをやってた。
あれによると、スズメバチは
「青い色に向かってやって来る」
っつってたよ。

そしてー、僕が今着てるのはー・・・

あ、青のウインドブレーカーじゃー!!!

あわわ、あわあわ、あわわ、あわあわ

うろたえた。
うろまくった。

すぐにでも駆け出したい気持ちだったが、
駆けるスペースなんてココにはない。

そうこうしてるうちに、
スズメバチは僕のすぐそばまでやって来た。

よく見れば、まだ怒ってる風な飛び方ではない。
緩やかなカーブを描きながら飛んでくる。

もう、やり過ごすしかない!
ナ、ナムサン!(>_<)

息を止めてじっとした。


ブ~ン、ブ~ン、ブ~ン・・・

僕の胸元辺りを2周ぐらい回った。
ご・ごくん(生つば)

ブ~ン、ブ~ン、ブ~ン・・・

再び山の中へと飛んでった。

プ、プハァ~~~。。。
よかったー。
助かった。

だが、もうこれじゃあ
ココに長居はできない。
ましてや、山の中の道探検なんてもっての外だ。

というわけで、結局来た道(?)を戻ることに。

足を滑らせないよう、でもなるべく急いで倒木地帯を降りた。

登ってくるとき気づかなかったけど、
こうして上から見下ろしてみると
イバラゾーンとは別のルートを発見した。

竹の切り株がたくさんある地帯だ。
人の手が入ってるってことだ。
当然茂みもほとんどない。

よっしゃー!!!

迷わずコッチを選んで降りて行った。
降りながら楽な帰り道を期待したが
結局、イバラゾーンだけを迂回できただけで
さっきの祭壇(?)のトコに戻ってきた。

またあの鳥の巣地帯通んなきゃなんないのか~・・・。

でもしょうがない。
降りなきゃしょうがない。

まあ、登りよりは楽だったけど。
枯木をクッションに、半ば落ちるようにして降りたので。。。

そして、ようやく最後だ。
コンクリ壁降りだ。

ココまで来たら、ずいぶんと気持ちにもゆとりが出た。

じりじりっと降りたら下駄が滑って具合が悪いコトが予想できたので
思い切って、レスキューの人みたいに、
ロープを使って壁を跳ねるように降りてみた。

こうすれば、下駄の歯と壁面が垂直に当たって、あまり滑らないのだ。
(とはいえ、ゆうほど跳ねきれなかったけど・・)

そして、なんとか、なんとか平地に到着ー!!!

平たい地面がなんと頼もしく感じられることか。
下界の空気がなんとおいしく感じられることか。

しみじみと、生きて帰ってこれた喜びを噛みしめた。。。

そして再び何食わぬ顔をして原チャリにまたがり、
「鯖くさらかし岩」を後にした。

   さよーならー。もう来ないよー。

結局、整体の先生のトコに着いた時は
約束の11時を15分も回ってたのだった。

はぁ。

なが~い午前だったなぁ。。。

さ、昼飯でも食べて、ガイドに行くか!

~~~ おしまい ~~~

参考までに、ルート図を描きました。↓↓↓↓↓↓↓↓↓
e0033751_071559.jpg
by akaneyaa | 2007-08-18 23:56 | お出かけ