人気ブログランキング |
あかねやん国
akaneyaa.exblog.jp
ブログトップ
カテゴリ:お出かけ( 267 )
昼飯後の冒険(2)
===============================
 あらすぢ

 ローソク岩への取っ掛かりが見つからずおめおめと引き返してきた
 あかねやマスタ~(41才・独身)とねこ澤くんは、
 ローソク岩へのアプローチを再び仕切りなおす事にしたのだ!

===============================


・・・やっぱ、ココかな。

最初のファミマの横。
ココから登るのが一番近いみたいだね。
なんかさ、こーんな感じで道が続いてんじゃない?
e0033751_11474028.jpg

e0033751_1626135.jpg「こっから入るんでやんすか?」
e0033751_11482157.jpg

そうそう、そこから!

e0033751_16263996.jpg「うひゃ~!この階段って、更に下の住宅街から
 ずーっと伸びてきてるんでやんすね~。さすが長崎!
 マタンキがほんのりソワソワしてきたでやんす~!!」
e0033751_1149384.jpg

あいかわらず下品な上に古いなぁ~、表現が。。。
とにかく!行くよっ!

テクテクテクテク・・・

e0033751_1628865.jpg「マスタ~。ココもやっぱり先の方は草むらに塞がれちゃってるでやんすよ。」
e0033751_11554738.jpg

なんか古びた石垣も残ってて、ちょっと怖いね。

e0033751_16285067.jpg「やっぱりもう戻りやしょうよ。」

いや!もう他のルート探す気もないし、
ココまで来ておいて引き返すのもシャクだし、
このまま強引に突っ切るよ!

e0033751_16294362.jpg「ええぇっ!!?だ、だってもう
 階段も終わっちゃったでやんすよ。」

チッチッチッチッ!青いなねこ澤くん。
人生も冒険も、人が作った道だけ歩いてたら、
ちっとも面白くないだろ?

e0033751_16304551.jpg「ええ!?コレ“冒険”だったんでやんすか?」

そう、冒険!
ワカッタラ、ススメー!!!
e0033751_1157455.jpg


______________________________

ほわんほあんほあんほあんほあん(回想OFF)

e0033751_16311038.jpg「とかなんとか、カッコつけたくせに、どーすんでやんすか?」


うう。
ま、なんとかなるよ。
とにかく、上へ向かって進むのだ!
5年程前も似たような事あったけど、
あんときは、半ズボンと下駄という出で立ちだったもんね。

あんときに比べたら、今回はジーパンと運動靴だからね。
ちょっとやそっとの藪でもダイジョーブさ!
e0033751_11581324.jpg

(初・セルフショッティング!)


e0033751_16321276.jpg「ところで今日ずっと気になってたんでやんすけど、
 そのブラブラしたヘンテコなバッグはなんでやんすか?」

ヘンテコとはなんだよ!ヘンテコとは!=3
コレは僕が丹精こめて作り上げた、3WAYバッグだぞーっ!

e0033751_16342785.jpg「あ、わかったでやんす。じゃあ先を急ぎやしょう。」

あ、スルー?

・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・
・・・・
・・・
・・
・・




ふうふう、はあはあ・・・

e0033751_16361937.jpg「マ、マスタ~!もしかして、あそこに見えるの
 ローソク岩じゃないでやんすか!?」
e0033751_122342.jpg

ああ!そうだそうだ。
きっとそうだ!!
ようやく、ようやくローソク岩に近づいたね!
あともうちょっとだ!

e0033751_123459.jpg
e0033751_16363657.jpg「それと同時に道(?)が
 ずいぶん垂直に
 なってきたでやんすけど・・・」

つべこべ言わずに登るのだーっ!!!


ふうふう、はあはあ・・・

e0033751_126177.jpg
e0033751_1637717.jpg「ずいぶん見晴らしも
 良くなってきたでやんすね~。」


よし、右へ回り込んでみよう!


e0033751_13524272.jpg
e0033751_18233335.jpg「どひゃー。
 すごい眺めでやんす~!!
 ・・・あれ?
      マスタ~、足が震えてるでやんすよ。」

だ、だって、ねこ澤くん。
ココ、ちょっと足を滑らせたら、
谷に向かってまっさかさまだよ。
足が勝手に震えちゃうよ~。


e0033751_18242298.jpg「もう~。勢いよく登ってきた割にはヘタレでやんすね~。
 それはそうと、今度は肝心のローソク岩が見えなくなっちゃったでやんすよ。」

たぶん、その右手の岩の向こう側に隠れてるんだと思うよ。
e0033751_13531812.jpg

e0033751_18245267.jpg「じゃあ、その岩に登ってみるでやんすか!」

い、いや。
コレはヤバイよ。
登るのは割と簡単そうだけど、降りてくるのがヤバイよ。
ココで足滑らせたら、それこそオダブツだよ。

e0033751_1825893.jpg「あいや~。スッカリ怖気づいちゃったでやんすね~。
 でもまあそうでやんすね。マスタ~が落ちちゃったら、
 オイラ1人じゃあ何もできないから困るでやんすもんね。」

だろ~?僕が死んじゃったら困るだろ~?

e0033751_18264293.jpg「いや、オイラは別に困らないでやんすけど、誰にも連絡できないから、
 結果的にはマスタ~というゴミをココに不法投棄してしまった
 ってことになっちゃうでやんすよ~。」

むひゃ~っ!
なにげにキツイことサラっと言うよね~、ねこ澤くん。
でもまあ、買い物にも行かなきゃなんないし、
あんまりココで時間潰すわけにもいかないもんね。
とりあえず、今回の探検はココまでにして、買い物に行こう!

e0033751_1827691.jpg「ラジャーっ!・・・っと、でもまた来た道(?)を
 引き返すんでやんすか?」

いや、今度はもう尾根が分かるから、尾根伝いに降りていくよ。
きっとずいぶん楽に降りれるはずだよ。

e0033751_18265333.jpg「そうと決まればレッツ・ラ・ゴゥ!でやんす!!」


ガサガサガサガサ・・・

e0033751_18274961.jpg「あ!ちょっと降りたら、またローソク岩が見えたでやんすね。」
e0033751_1441925.jpg

またいつか必ず挑戦しに来てやるぜ!

e0033751_1828976.jpg「首を洗って待ってるでやんす!」
e0033751_14413790.jpg



>>>>>>>>>>>>>>>>>> To Be Continued >>>
by akaneyaa | 2012-09-26 20:20 | お出かけ
昼飯後の冒険(1)
みーんみんみんみんみんみんみん・・・
じーわじわじわじわじわじわじわ・・・

2012年8月2日・夏
午後2:18

赤い砂漠の惑星、火星。
e0033751_17405710.jpg

その火星に、火星探査機キュリオシティが
e0033751_17414242.jpg

着陸の準備を着々と進めていた頃・・・
e0033751_17423046.jpg

その隣の
e0033751_1746199.jpg

青い水の惑星、地球。
e0033751_17462250.jpg

この地球の
e0033751_17464290.jpg

片隅に存在する
e0033751_17463278.jpg

小さな島国「日本」。
e0033751_17464614.jpg

その日本の中の九州の
e0033751_17472354.jpg

さらに西の果て
e0033751_17471275.jpg

「長崎」。
e0033751_17472646.jpg

その長崎に存在する稲佐山の
e0033751_17474182.jpg

端っこの
e0033751_17475488.jpg

山中を
e0033751_1748650.jpg

2つの影が
e0033751_17483514.jpg

彷徨っていたーっ!
e0033751_17482861.jpg


あかねやマスタ~41歳。
そう!僕だ~っ!!!
(と、ねこ澤くん)
e0033751_1749654.jpg

e0033751_17195419.jpg「マスタ~、もしかして迷ったんじゃないんでやんすか?」

な、なーに言ってんだよねこ澤くん。
迷ってるはずなんかないじゃないか。
ホラ、歩いた歩いた!

e0033751_17203030.jpg「歩いた歩いたって、どこ歩きゃあイイんでやんすか!?」

ダーイジョーブ、ダーイジョーブ。
山ってのはね、登る時は迷わないもんだよ。
何しろ、上へ上へ向かえば良いんだからね!
e0033751_17542971.jpg
ホラ!ココ、ココ。
道はないけど、
登って登って!

e0033751_172173.jpg「なんだってオイラ達、
 こんな真夏の最中に
 こんな山の中
      彷徨わなきゃ
      なんないんでやんすか?」

うわぁ~!
そこまで言う!?
早見優!

ダイタイサー、
言い出しっぺは
ねこ澤くんじゃあないか!

e0033751_17213347.jpg「うわっ!?
 オイラに罪を
 なすりつけるで
      やんすか!
      怒るでやんすよ!
      プンスカ!=3」

だってさー、ねこ澤くんが
あんな疑問持たなけりゃ、
ココに来る事もなかったのに~・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・・・
・・・・・
・・・・
・・・・
・・・
・・・
・・・
・・
・・
・・
・・







ほわんほわんほわん、ほわわわわ~ん。(回想ON!)
_________________________


(とある日の買い物中)

e0033751_17241735.jpg「マスタ~、マスタ~!」

うん?なんだいねこ澤くん。

e0033751_17244862.jpg「いつもココ通るたんびに思ってたんでやんすけど、
 あの山の中からピョコと飛び出た岩はなんでやんすか?」
e0033751_17563973.jpg

ああ、あれかい?
e0033751_17564837.jpg
e0033751_1725992.jpg「あれでやんす。」
e0033751_1757773.jpg
あれはね、「ローソク岩」と言うんだって。
e0033751_17575626.jpg
e0033751_17252624.jpg「ローソク岩ぁ!?フツーだったら、あの手の岩って
 “男岩”とか“チ○チン岩”とか名が付きそうなもんでやんすが、
 お上品でやんすね~。」

まあ、僕も行った事はないんだけどさ、
昔、あかねやの常連だった長大のワンゲル部の子達の
話題の中によく出てたから覚えてたのさ。
でもこの前、たまたまS木さんに訊ねたら、
なんでも長崎の山岳会の方々も、
岩登りの練習に利用してるのだって。
ちなみにN島さんに聞いたら、この岩がある町、
即ち立岩町の名の元になった“立岩”ってのが
この岩のホントの名前らしいよ。

e0033751_17265527.jpg「へぇ~・・・」

んもう~、しょうがないなぁ。
そんなに行きたいの?

e0033751_1727475.jpg「・・・へっ?い、いや、オイラは行きたいだなんて一言も・・」

じゃあ今度、ミスターマックスに買い物に行くから、
そのついでに寄ろうかね。

e0033751_172805.jpg「は、はぁ。。。」
 (オイラ、ただ純粋に下ネタを期待しただけなのに、
  なんか変な事になっちゃったでやんすよ・・・)



それから数日後 >>>

~・~・~ 8月2日木曜日 午後1時10分 ~・~・~

さあ、お昼ご飯も食べたし、
今からミスターマックスに買い物に行くよ!
そして、この前言ってたローソク岩にも行っちゃうよ~!

e0033751_183324.jpg
e0033751_17284689.jpg「え、ええ?今から行くんでやんすか?
 めっちゃ暑いんでやんすけど・・・」
 (※この日の日中の気温35.2℃)

行くのっ!

e0033751_17294691.jpg「・・やれやれ。しょうがないなぁ。。。
 じゃあ、マスタ~。オイラにシッカリつかまっててくださいよ。」

え?え?こう?

e0033751_17295057.jpg「ほいじゃ行きやすよ~、せーのー・・・」
e0033751_184770.jpg

e0033751_1730667.jpg「とうっ!」
e0033751_1835573.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・
・・・
・・




・・・・・ゎぁぁぁぁぁあああ・・・
e0033751_1842268.jpg

あうっ!
e0033751_1845973.jpg

はぁっ!はぁっ!はぁっ!
い、今どうやったの?ねこ澤くん。

e0033751_17305025.jpg「オイラ達ねこ澤族の男子は、1度行った場所なら
 瞬時にワープできるんでやんすよ。」

へぇ~、ルーラみたい。。。

e0033751_17313244.jpg「それはそうと、あそこでやんすね!ローソク岩!!」
e0033751_185531.jpg
おおーっ!そうだそうだ。
よし、この道を右から回りこんでルートを探そう!
e0033751_1855195.jpg

e0033751_1731519.jpg「・・・へっ!?マスタ~、もしかして行き方わかんないんでやんすか?」

う~ん、まあね。
でもどっかにきっと案内表示かなんか出てるさ。
案ずるより産むが易し、横山やすしって言うじゃないか。

e0033751_17322760.jpg「なんかチョー不安なんでやんすけど・・・」


テクテクテクテク・・・

お!ココが“ふくの湯”か~。
OPEN当初、ウエンツさんに連れてきてもらって以来だなぁ。。。
e0033751_1893893.jpg
e0033751_17362571.jpg「こっからだと、まだ遠そうでやんすね~。」

だね~。
もっと先の方へ行ってみよう。

テクテクテクテク・・・

e0033751_17364026.jpg「あ!だいぶ近づいたんじゃないでやんすか?」
e0033751_18101167.jpg
そだねー。。。
でももっと良い場所があるかもしんないから、
もちょっと先に行ってみよう。
まだ案内表示も見当たらないしね。

テクテクテク・・・

e0033751_17365755.jpg「“皿焼”というバス停に着いたでやんすよ。」
e0033751_18101732.jpg
なんかちょっと遠のいたような気がするね。
e0033751_18111655.jpg
でも、あとちょっとだけ進んでみよう。

テクテク・・・

e0033751_17374150.jpg「マスタ~、ファミレスのジョ○フル前まで来たでやんすよ。」

う~~~ん。ダメだ!
もうココまで来ると、遠のく一方だ。
e0033751_18114442.jpg
e0033751_17382053.jpg「案内表示なんてないじゃないでやんすか~!」

おっかしいなー。
絶対あると思ったんだけどな~。。。

e0033751_1739531.jpg「その根拠のない自信、いったいどこから湧き出てくるんでやんすか!?」

まあまあ。
ちなみに、この橋は“皿焼三号橋”というのか~。。。
e0033751_1812451.jpg
・・・よしっ!
多少強引だけど、強行突破だ!
ちょっとさっきの橋(皿焼バス停前)まで戻って、
そっから山に分け入ってみようっ!!

クテクテ・・・

e0033751_1740027.jpg「“皿焼二号橋”でやんすね。
 こっから入るんでやんすか?」
e0033751_18123986.jpg
うん。
なんかそれっぽい道があるだろ?
e0033751_1813222.jpg
e0033751_17402049.jpg「じゃ、行ってみましょうでやんす!」


ザクザクザクザク・・・

e0033751_17403811.jpg「あれ?上ったと思ったら、今度は下ってるでやんすよ。」
e0033751_18132921.jpg
先の方でまた上ってるみたいだから更に進んでみよう!

ザクザク・・・

・・・・・
e0033751_18141027.jpg
e0033751_1741090.jpg「もうこの先、植物やらなんやらで塞がってるでやんすけど・・・」

うーん・・・まあ今夏真っ盛りだからね。
植物も1番生い茂ってるもんね。

e0033751_1741227.jpg「つーかなんでその夏真っ盛りにわざわざ
 山に分け入らなけりゃなんないんでやんすか!」

いや・・だって・・・ねこ澤くんが・・・・

e0033751_17414222.jpg「よく考えたら、マムシやスズメバチや蚊やら
 色んなものが潜んでるんじゃないでやんすか~?」

う~ん。。。
じゃあ、戻ろうか。

e0033751_17414871.jpg「戻りやしょう!」



>>>>>>>>>>>>>>>>>> To Be Continued >>>

by akaneyaa | 2012-09-09 20:16 | お出かけ
遅くなくない?
昨日はあかねや定休日。

僕にもちょっと夏休みを与えてやろうと思い、
昼から「福の湯」に行く事にしてたので、
博物館のボランティアも休みにしてたのだ。

つーわけで。
昼までにすべての用事を済ませておこうと思い、
朝6時半から畑に行き、朝食を済ませ、
8時半から 市立図書館に本返却&借り→キンコーズ→食材センターに買出し
ってな具合のルートを予定して出発した。

で、9時過ぎ頃、市立図書館に着いたのだけど・・・

し、閉まっとるやんけーっ!!!

よく見たら、開館時間は10時になってた。

なんちゅうことだ。
図書館ってどこも9時くらいから開いてるとばかり思い込んでた。
小中学時代の夏休みなんか、確か朝9時から図書館に入り浸ってたのに。。。

ちなみに、キンコーズは24時間営業、食材センターは9時開店。
これなら、逆のルートで来ればよかった。

しょうがないので、時間潰しに浜ん町をなるべくゆーっくり歩いて、
一回りしてきた。
e0033751_21453731.jpg

e0033751_21455653.jpg

e0033751_2146928.jpg

まあ、たまには朝の町の様子を見るのもいいやね。。。

で、なるべくゆーっくり歩いて戻って来たつもりだったのに、
(時計持ってないので・・・)
図書館に着いてみると、まだ9時半過ぎだった。
ほにゃほにゃ。。。

しかし、この時間になると、
夏休み中の小学生をはじめ、
かなり大勢の老若男女が表で開館を今か今かと待ってるではないか。

やっぱ図書館の10時開館って遅すぎじゃなくない?

せめて、夏休み期間中くらいは
サマータイムってことで、1時間早く開けてくれてもいいんじゃないかしら。。。

一応この後、全て用事済ませて、12時前には戻ってこれたけど・・・。

by akaneyaa | 2012-08-24 21:51 | お出かけ
新年会(終)
============================
 あらすじ
 N島さんが僕を置いて山に行ってしまったとの報告を受け
 大慌てで追いかけたのだーっ!!
============================



ふぅふぅ、はぁはぁ、ぜぃぜぃ・・・=3

よく肥えた腹を揺らしながら、Uターンポイントへ来た僕は、
そこに停車してあるN島さんの車に駆け寄った。

・・・ホントだ。乗ってない。

あわわ・・・と、なりながら周囲を見渡してみると・・・・・!

居たっ!ちょっと先の方にいらっしゃった!!
なにやら地元のおじいさんらしき人と楽しげに話しているではないか。
とりあえず、N島さんが居た事にホッとした僕は、
ちょっとその場で待っていると、
ほどなく戻ってこられた。

なんでも、この前多良岳に登った時
(ちなみに今年になってもうすでに2回登っておられるのだ)
見つけた新しい道がドコに続いてるのか確認できずに気になってたので、
ちょうど通りがかった地元のおじいさんにそれを訪ねてたのだそうだ。
(ちなみに工事用の運搬用の道とのこと)

いや~、ビックリしたビックリした。
まあいくらN島さんでも、おいてけぼりはしないよね。
Hらさんも大袈裟だなぁ。。。

と、いうわけで。

再びN島さんと車に乗り込み、
小屋の鍵を返却して、あるところに向かう事にした。

そのあるところというのは、
昨年11月26日にOPENした、
萱瀬ダムのほとりのカフェ「そらしど」だ!

実は、僕が勤めてた頃お世話になった、
Tくさんが念願叶って始めたカフェなのだ。
(最初の頃あかねやにも手伝いに来てくださってた)

ところが、何時開店だったかスッカリ忘れてしまってた。
(現在9時過ぎ)
名刺も持ってくるの忘れてたので、確認しようがない。
(ちなみに、その名刺というのは、
 すでに1週間前にN島さんが抜け駆けして行って、
 ちゃっかりもらってきてくださったもの)

かといって、うっかり早く行って、
かえって気を使われたら申し訳ないので、
とりあえず、10時過ぎなら間違いないだろうということで、
ちょっと時間潰しも兼ねて、ウロンコロンするコトになった。

で、まず最初に行ったのは・・・
峠越えの長~いトンネル(約2㎞弱)を抜けて、
佐賀県に入ったすぐにある、平谷温泉の手前の土産屋さんだ。
e0033751_19243848.jpg

ココには湧き水を汲める設備が備わってて、
無料でいくらでも汲んでいっていいらしい。

行ってみると、朝っぱらか大勢の人が水汲みに来ていた。
しかもそれぞれの人が、なんだか異常にたくさんの水を汲んでいる。
ペットボトル数本とかなんてもんじゃない。
軽トラックの荷台に、2~30リットルくらいのポリタンクを、
ぎっしり積んで、争うように汲んでいってるのだ。

一体こんなに汲んでってどうすんだろ?
商売にでも使ってんのかな?

なんだか、“湧き水を汲む”というのどかなイメージと裏腹に、
鬼気迫る様子が垣間見えて、ちょっと恐ろしいくらいだった。。。

で、そんな光景を尻目に、
土産屋の裏手に回ってみると・・・
ちょっとした川と橋があった。
e0033751_19321940.jpg

黒木尾橋(くろきおはし)。
e0033751_11163464.jpg

コケが生えてるせいで、妙にツルツルすべる橋だ。
受験生には渡らせるわけにはいかないな。。。
とか思いながら、橋の真ん中から堰堤の方を見てみると、
なかなかにいい眺めだ。
e0033751_1117032.jpg

おっと、N島さんがどんどん進んでいく。
e0033751_11175079.jpg

テクテク歩いて回り込んだ川原から、黒木尾橋を臨む・・・
e0033751_11181648.jpg
・・・臨んでたら、またもやサッサカサッサカ進んでいくN島さん。
僕と違って、動きに淀みがない。

早いなぁもう。。。
e0033751_11183412.jpg

しかしまあ、ホントきれいな川だなぁ。
気温が低いせいもあるけど、メチャメチャ透き通ってるよ。
e0033751_1119188.jpg


そんな感じでヒュヒュっと回り、平谷を後にした。

さてさて。
ヒュヒュっと回ったので、まだそんなに時間が経ってない。
これからどうすんのかな?と思ってたら、
N島さんが、いちごを見せに連れてってくれるとおっしゃった。

なんでも、島原に自生している希少種のいちごで、
現在も有志の方々により保護されているのだそうな。

つーわけで、N島さんについて自生地へ・・・

当然山の中なのだけど、結構険しい。
当然毎度のごとく落ちたら死にそうなんだけど、
それでいて、足元の岩もほどよくぐらぐらしており、
時折、いとも簡単に崩れ落ちていき、
どの岩を足掛かりにしたらいいのか、
黒ヒゲ脱出危機一髪ゲームを際限なくやっているような、
そんなスリル感を味わわせてくれる場所を、
再びよく肥えた腹を揺さぶりながら登っていった。
(N島さんは毎度のごとくハンドポケットでヒョイヒョイ登っていかれる・・・)

でもって、辿り着いた場所には・・・

一面のいちごだーっ!!!
e0033751_11201872.jpg
ちょうど、あかねやの店内より少し広いくらいのところに、
ピッシリといちごがなっているではないか~!!!
みずみずしく透き通る赤い宝石のようないちごに、
しばらく見とれてしまった。(僕の写真では伝わらないけど・・・)

山を彷徨っていて突然こんなところに出たら、
天国にでも来たような気分になることだろう。
e0033751_11203730.jpg
で、一粒だけ食べてみた。

・・・すっぱー。
ほのかに甘味はあるけど、ほぼすっぱいかった。

というわけで、ステキないちごを見た後は、
再びハラハラドキドキの岩場を下って、
車に戻った。

ちなみに、この4日後にも再びN島さんが見に行ったらしいけど、
もう葉っぱが枯れてきて、見ごろを過ぎてたとのこと。
僕らが行った日が一番よかったみたいだ。
これも忘年会が流れて新年会になってくれたおかげだ。
ラ・キー!!


さて。
時間もほどよく経ち、10時を回った。
もう確実に開いてるだろうと、
いよいよTくさんのカフェに行ってみた。
e0033751_11205218.jpg

す、すると・・・!
「CLOSE」の札が入口にぶら下がってるではないか~!!!

あれれ?開店時間まだ後だったのかな?

でもさすがに昼開店ではなかったことだけは、
覚えてたので、おそるおそる戸を開けてみると、
Tくさんが出ていらっしゃった。
お懐かしい顔だ。

で、聞いてみると、
9時開店なのだそうな。
表の札のことを言うと、
ひっくり返すのを忘れてただけなのだった。

はー、ビックリした。

というわけで、無事入店!

入ったすぐの土間には、立派な薪ストーブが構えていて、
赤々と炎を上げていた。

靴を脱いで、スリッパを履いて中に入ると、
すでにお客さんが窓際のカウンターテーブルで、
抹茶ケーキとコーヒーを召し上がっておられた。

カウンターとテーブル2つ、座敷テーブル1つ(だったかな?)の
小ぢんまりとした、とても落ち着くステキな空間だ。

大きな窓からは萱瀬ダムが一望の下に見下ろせる。

内装も木造りで赴きのあるたたずまいだ。

一言で言うと、ヒジョーにうらやましいお店だ。

ちゅうわけで、色々と感動しながら、
Tくさんと積もる話もしながら、
おいしいコーヒーと、お手製のシフォンケーキをいただいてきた。

ホント素晴らしいところだった。
これからまた忘年会の時、帰りがけに寄れる場所が出来たよ。
早く来ないかな。今年の年末。。。

おちまい
by akaneyaa | 2012-01-29 20:14 | お出かけ
新年会!(2)
============================
 あらすじ
 N島さんとの待ち合わせ時間が迫る中、
 新たなお客さんがいらっしゃったのだーっ!!

============================


カランコロンカラン♪

いらっしゃったのは、常連のおばちゃんだった。
「表に3時までって書いとったね。じゃあまた来るけん。」
と言って、お帰りになられた。

それを聞いた3人組のおばちゃんが、
話に夢中になってたことを思い出して、
「ごめんなさいね、ごめんなさいね~。」
と言いながら、帰って行かれた。

スゴイ。
奇跡のようだ。(3時45分)

見送った後、とっとと残りの片づけを済ませて、
出発の準備も整えたと同時に、
N島さんから電話がかかってきた。

なんてムダのないタイミングだ。

というわけで無事。
N島さんの車に乗せてもらい、
黒木渓谷へと向かったのだ。

いやーしかし。
道中、町並みを見ていて毎回思うけど、
通るたんびに新しい店やら道路やら出来てるなー。
川平の一通のトコは脇に広い道が出来てるし、
矢上の手付かずだったOK跡は、なにやら最近手が入り始めたみたいだし、
諫早も、大村も新しい店が出来(またはなくなり)、道が広がり、
見てるだけで飽きない。
僕車持ってないから、
なかなか外の様子を知る機会ないもんね。

だから、年に一回の山小屋は、
こういう意味でも僕にとって楽しみな行事なのだ。

そんなこんなで、
あっという間に黒木渓谷。

いつもなら12月初旬なので、
萱瀬ダム下の住宅地はクリスマスイルミネーションで
毎年賑わっているのだけれど、(←年々スゴクなってる)
今回はこの時期なので、特に何もない。

というか、まだずいぶん明るい。

時間的にはいつもと同じ時間なのだけど、
時期が1ヵ月違うだけでこんなにも変わるものなのか。
やはり冬至をまたいで、着実に日が長くなってるのだなぁ。。。

で、途中、管理人さんのところで鍵を借り、
山小屋に到着~!

いつもなら、草むらにある水道の元栓を探すのが大変なのだけど、
明るいもんだからすぐ見つかった。

早速小屋の中の掃除をして、囲炉裏に炭を熾すことにした。
e0033751_11414257.jpg

僕とN島さん以外は会社が終わってから来るので、
到着はまだずいぶん後になる。
だもんだで、みんなが着いたらすぐに料理に取り掛かれるよう
炭を熾して小屋を暖めておくのが僕らの使命だ。

ところが!
炭を持ってくるはずのN島さんが、忘れてきてたのだ。

とはいえ、本番の炭は会社組の方が持ってくるので、
あくまでも暖め用だ。
火を熾して暖まってりゃいいので、
小屋の周りをうろうろして、薪を拾ってきてそれで火を熾す事にした。

パチパチパチパチ・・・
e0033751_11441955.jpg
多少濡れてたので、もうもうと煙を上げて燃え始めた。
チョー煙たい。
持って来てたマスクを着けてても、
涙がポロポロ出てくるほどだ。
そんな中、さすがにN島さんは何も着けてなくてもヘーゼンとしてた。。。
e0033751_11482499.jpg
でもまあ、小屋や体や心の燻蒸消毒になるからね。
うーん、清まった清まった!

そうこうしてる間に、みるみる火力が増して、同時に煙も減ってきたので、
ずいぶんと楽になった。
e0033751_11522615.jpg
ヤ・ホー!!!


とかなんとかやってるうちに、みんな集まって、
8時くらいに宴が始まった。
(↑今までで一番早いスタートのような気がする)

今回の料理担当のHらシェフが手際よく石狩鍋や激辛エビチリを
披露してくださった。
e0033751_15401099.jpg


僕も、前回の忘年会以来のアルコールを摂取!
e0033751_15412485.jpg
がんばって、350mlを飲みきったぜっ!
(あと、H田さん持参の“マッコリ”も少々)

そんなこんなで、また楽しく夜が更けていったのだった。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・
・・





(再び明け方)

パチっ!(←目が開いたイメージ音)

少しばかり眠れたようだ。
気が付くと6時過ぎ。

なんとか凍死は免れたようだ。
(次回からはもうちょっと新聞紙もってくるようにしよう)

横でN島さんが昨夜の石狩鍋の残りを火にかけている。

ぐぐぅ~い。(←腹が空いた効果音)

僕もゴソゴソと起きだして、
朝のウンウンと顔洗いを済ませて戻ってくると、
みんな起きていた。

早速みんなで石狩鍋の残りにラーメンを入れて、
石狩ラーメンをズルズル食べた。
いや~、満足満足。

おなかを満たした後は、
みんなで片づけ、掃除をとっとと済ませた。
e0033751_15513879.jpg

こんなにスタートから片づけまで、
何の滞りもなくスムースに進んだのは
初めてのことではないだろうか?
18回目にして、ようやく完全に慣れたのだろう。

というわけで、解散!
e0033751_15535993.jpg
今回もありがとうございました。。。

ところで。
ココの山小屋。
すぐ近くの道に車を横付けできるのだけど、
道が狭いので、帰る時はちょっと上までのぼって、
広いところでUターンしてこねばならないのだ。(下図参照)
e0033751_1651130.jpg

当然僕は、帰りもN島さん号に乗せてもらうのだ。

つーわけで。
先頭のN島さん号に続いて、M本さん号がUターンしにのぼっていった。
僕は戻ってきたところで乗せてもらうため、その場で待ってたのだけど・・・

ブブ~~~ン=3

あれ?
後から行ったはずのM本さん号が先に戻ってきたぞ?

とりあえずお見送りしようと、その場で手を振ろうとしたら、
僕の目の前でM本さん号が停車した。
で、助手席のHらさんが窓を開けながら僕におっしゃった。

「なんか、N島さん。上(Uターン場所)に車停めて、
 1人で山の方に歩いて行っちゃったから、追いかけた方がいいよ。」

一瞬おっしゃってる意味が分からなかったが、
とりあえず言葉の通りに理解して、驚いた。

な、なんで~!?僕置いたまんま山に~!??

と、とにかく、お、追え~~~っ!!!


=======================
信じられない事態に戸惑いながら、
N島さんを追いかけて走るマスタ~の運命は!!?

テテテテ・テテテテ・テーテー!!!
=======================
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>> To Be Continued >>>

by akaneyaa | 2012-01-18 20:19 | お出かけ
新年会!(1)
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・・
・・・
・・




・・・う!うぐぅ!!

い、痛い!!!
背中が!腰が!!尻が!!!ふとももが~っ!!!!

異常に冷たくなった床の上で、
寝袋に包まって寝ていた僕は、
床と接している部分があまりにも冷たくなりすぎて、
痛みを感じて目覚めてしまった。

そう!
ココは山小屋。

大村市の黒木渓谷にぽつんとたたずむ山小屋だ。

毎年ココで12月の第一金曜の夜から忘年会をやっているのだが、
今回はメンバーの都合がつかず、流れてしまったため、
新年会として改めて催されたのだ。
初めての事態だ。

・・・しかし、こんなにも。
1月の山小屋がこんなにも寒いとはっ!

もちろん、いつもの12月の気分でいたら、
絶対凍えると予想してたので、
自分なりにそれを見越して、
十分な防寒をしてきたつもりだったのだが、
更にそれを上回る冷たさだ。
(着てるものが安物ばかりなので、
 厚着してる割には寒いというのもあるのだけど・・・)

それに、寝る前までは、
割と外の空気も意外と柔らかかったのだ。
(明け方、雨が降ったせいだろうか?)
前日、大村市は観測史上最低気温タイを記録(-2.8℃だったっけ?)したので、
かなりの覚悟はしていたのだけど、
結構拍子抜けしてたトコだった。

ところがギッチョン!
この始末だ。
とりあえず、耐え切れず、
起きだして、小便をしに外に出て戻ってきた。

さてこれからどうしたものか。

眠る時、寝袋の足先部分には、
防寒のため新聞紙をクシャクシャにして入れておいたので、
さほど冷えてはいなかった。

つーわけで。

残った新聞紙をありったけ、
寝袋に詰めた。

といっても1部しかもってきてなかったので、
ふとももから下しかカバーできなかった。

だが、まだまだ~っ!!

この前の、風邪ひきかけ事件の時に買っておいたカイロの残りを
今回は持って来てたのだ!

とはいえ、3枚っきゃない。

貼る場所をじっくり吟味した末、

胸上部に一枚。
背中に一枚。
腰に一枚。

貼り付けた!

こ、これで、なんとかしのごう。

というわけで、再び寝袋に入った。

う~~~ん。

ふとももから下はずいぶんと緩和された。

カイロ部位は、じんわりと温かくなってきた。

これでなんとか寝れそうだ。

ぐぅ。。。。。

と、思ったのも束の間。

い、痛いっ!!

カイロが覆ってない部分が痛い!
痛いのだーッ!!!
(主に両脇腹背部、両肩甲骨、あとやはり尻・・・)

しばらく同じ体勢をしていると、
やはり床に触れてる部分がどんどん冷やされる。

とてもじゃないけど眠れないので、
10分おきくらいに、仰向け、右側位、左側位と繰り返して、
しのいだ。

しかし、そうこうしてる間に、
腹側も冷えてきた。

しょうがないので、腹は手で擦って温めるようにした。

耐寒性のあるはずの顔も寒くなってきた。

しょうがないので、持ってきたマスク(もちろん“覆面”の方ではない)を
口に装着して自分の呼気で温めるようにした。

そんなコトしてたら、いつの間にやら4時過ぎになってしまった。

すると、隣付近で寝ていたN島さんが、
「寒い寒い」と言いながら起き出してきた。

N島さんは、
「足先がすごく冷えて眠れん」
とおっしゃった。

N島さんは、床と寝袋の間には、
自分の車の長座布団を持って来て敷いているので、
そこら辺は大丈夫なのだけど、
足先は、僕のように新聞紙とか詰めてないので、
局部的にかなり寒いらしい。

とうとう、N島さんも耐え切れず、
起きて、囲炉裏に炭を熾し始めた。

煙たかったけど、そのおかげで、
少し温かくなってきて、
心にゆとりができてきたようだ。

と同時に、前日のコトがふわりと思い出される。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・
・・・・
・・・
・・




(1月13日(金) 4:00pm)

プルルルル・・プルルルル・・・

滅多に鳴らない僕のケータイが鳴った。
N島さんからだ。
4時に迎えに来てもらうよう頼んでおいたのだ。
ピッタリ4時にかかってきて、
隣の消防署横に居るとのこと。。。



実はこの日。

山小屋のために、あかねやは3時閉店にしてたのだけど、
2時半過ぎにメ○リード帰りのおばちゃんが3人、
食事をしにいらっしゃったので、
若干パニクってたのだ。

表の「3時閉店」の貼り紙をご覧になられた上で、
おなかが減ってるからということで、
入ってこられたのだ。

もちろん無下に断るわけにもいかないので、
大急ぎで作って出して、お食事なさってる間、
できる範囲の片づけを進めながら様子を窺っていたのだけど・・・

3時半過ぎ。
とっくに食事は終わられているのだけど、
なんか妙に話が盛り上がってて、
全くお動きになられる気配が窺えない。

うー。どうしよう。
言おうか言うまいか。
でも盛り上がってんのに言い辛いなぁ。。。

店を閉められないまま、
悩んでいるうちに・・・

カランコロンカラン!

新たなお客さんがいらっしゃってしまったのだーっ!!!



=======================
小心者のあかねやマスタ~!
無事N島さんとの待ち合わせに間に合うのかーっ!?

テテテテ・テテテテ・テーテー!!!
=======================
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>> To Be Continued >>>
by akaneyaa | 2012-01-16 20:42 | お出かけ
ミッション・イン・小豆島(終)
=============================
あらすじ
3人のガタイのいい外国人が言い争いを始めたのだった!!!

=============================
e0033751_19565068.jpg
e0033751_19571975.jpg「あわわわ・・・マスタ~、なんか怖いですぅ。」

う、うん。絶対に目を合わすんじゃないよ。
じーっとしとこう。じーっと。。。

そう言って、僕らは恐怖におののきながら、
じーっとなりを潜めていた。
きっと、となりのおばちゃんとそのとなりのにーちゃんも
同じ心境だったろう。。。

しかし、そんなことを思っていたら、
いつの間にか、急にシーンとなった。

瞬間、なぜか嫌な気配(殺気?)を感じて、
思わず外国人の方を振り返ると・・・!
e0033751_22224027.jpg
・・・・・!?

なぜか僕に向かって来てるトコだったのだっ!!!
そして、振り向いた僕と目が合った瞬間、
なぜか急にくるりと向きを変えて、仲間のところに戻っていったのだ。

はー、びっくりした。そして怖かった。
いったい僕に何をしようとしていたのだろう?
もしあの時振り向かなかったら、僕はどうなっていたのだろう。

震えるひざを、ねこ澤くんに悟られまいと、
しっかり手で押さえる僕であった。。。

その後、外国人たちは再びさっき来た経路を戻り始めた。

そして僕らが座ってるベンチの背中側の看板の後ろ辺りに来た時、
ドカン!!!
っと、大きな音を立てて看板を殴ったのだ。
(ちょうどおばちゃんの後ろ)

きっと、僕も含めてベンチに座ってるみんな(特におばちゃん)が
震え上がった事だろう。
誰も声を出さず、ひたすらじーっとしていた。

そしてようやく、相変わらず何かをわめきながら、
駅側の方へ歩いて行き、僕らの視界から消えていったのだった。。。

e0033751_22332217.jpg「ひゃはぁ~。怖かったっすね~。
 いったいなんだったんでしょうね。」

さあね。
でも、別れ際ウエンツさんが言った言葉。
「長崎までくれぐれも気を抜くんじゃないぞ。」
って、このことだったんだね。。。

ところでさー。
バス来ないねー。。。

そう!そうなのだ。
こんな怖い思いしてるのに、バスがいっちょん来ないのだ。
そもそも定刻通り来てくれれば、こんな怖い思いしなくて済んだのに。
もう、バスのバカ!!!

・・・バカのバス?
いや、やっぱ、バスのバカっ!!!

つーわけで。
更にジリジリしながら待っていると・・・・・

ブロロロローン・・・プシュー=3

ようやくバスが到着した。
(結局約40分遅れ)

ちょうど僕の目の前に乗り口が来たので、
一番先にとっとと乗り込んだ。

で、席に着くと、なにやら乗り口から怒鳴り声が聞こえる。

今度はいったい何事だ!?

耳を傾けると、一緒に待っていたにーちゃんのようだ。
バスが大幅に遅れたことに腹を立てて、
運転手さんに食って掛かってたのだ。
きっと怖い思いもしたから、怒りもひとしおなのだろう。
ホント、手が出るんじゃないかと思うくらいの剣幕だった。

運転手さんも弱り果てながら一生懸命謝ってるのだけど、
チットモ聞き入れてくれないようだ。
(なんか、高松からココまでの道がすんごく渋滞していたらしい・・・)

で、さんざ怒った挙句、にーちゃんは結局乗車せずにどっかに行ってしまった。。。

僕もへそを曲げたら、聞き分けない子供だったので、
母親からいつも「へそを曲げると、ひとつも良い事ないよ。」と
たしなめられていたものだ。

   小学生の頃住んでた奄美大島で、
   グラスボートに乗るのを楽しみにしてたのに、
   雨で欠航になってしまい、母が用意していたお弁当を
   家で食べるコトになったのだけど、
   僕だけへそを曲げて食べなかったため、ひもじい思いをし
   ひどく後悔したのを思い出してしまった。。。

e0033751_2252472.jpg「意地張らずに、乗ればよかったのに・・・」

まあきっと、あんな気持ちのまま、
怒りの矛先である運転手さんのお世話になりたくなかったんだろうね。

・・・!?
あれれ?
ねこ澤くんたら。
もう眠っちゃってるよ。

やれやれ・・・・・。。。。。

と言いながら、僕も安心と疲れから、
いつしか眠りについていた。

さらば、丸亀。
さらば、香川。
さらば、四国。。。。。ぐぅ。。。。。。。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・
・・・・
・・・
・・
・・




「これから15分ほどトイレ休憩いたします。」

眠ってる乗客を気遣うような、
運転手さんの低いトーンのアナウンスが聞こえた。

もう明け方だ。

そしてココは壇ノ浦PAだ。

むくりと起き出して、トイレを済ませると、
ちょうど朝日が昇ってきた。
e0033751_232821.jpg
e0033751_2323039.jpg「マスタ~マスタ~!もうこの先は九州ですよ!!
 やっと帰ってきましたね。」

ホントだね。
長い旅だったね。

・・・・・!?

あれ?
なんかもう周りに人がいないんだけど・・・

やばいっ!
もうトイレ休憩時間過ぎてる!!!
急げ!ねこ澤くん~っ!!!

e0033751_2355546.jpg「もう~、いつもこうなんだから~。」


写真撮るのに夢中になってて、
スッカリ時間を忘れてしまってた。
(もちろん乗せてもらえたけど・・・)

こうして、最後までバタバタしながら僕らの長くて短い旅が終わったのだった。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


以上が今回のミッションのレポートです!
いかがでしたか、トトロ司令官?

司令官?

あれっ!?

トトロ「・・・・・」
e0033751_23105418.jpg
e0033751_23113534.jpg「マスタ~の話が長過ぎるから、
 途中からマンガ読んじゃってましたよ!」

ズコー!!


おちまい



>>>>>>>>>>> 後日談 <<<<<<<<<<<

さあ。早速「恋の特効薬」試してみようっと!

ほーう。オリーブの実をグラッセにしたものと、風船ガムか。

じゃあ、もぐもぐもぐ・・・くちゃくちゃくちゃ・・・
ぷーーーう。

・・・・・

e0033751_23284597.jpg「これで、彼女できるんですかね?」

できるさー!もち!

e0033751_23291675.jpg「・・・でもマスタ~。これってどこにも
 彼女ができるって書いてないですよ。
      初恋時、失恋時の服用とかだし。
      あ、それにココに自力で恋をつかめって書いてありますよ。」
e0033751_11233581.jpg
e0033751_23275551.jpg

な、なぬーっ!!!
だ、だまされたーっ!!!!!
チックショー!!!!!!!!

e0033751_2330359.jpg「まあまあ。やっぱこういうのは自分で見つけないと。」
 (つーかこんなのホントに信じてたなんて、アホだなぁ~。
      よく見たら “効果” なんてどこにも書いてないし・・・)




そして今現在(2011年11月13日)も
依然彼女ができてないところを見ると、
やはり全く効き目がなかったようだ。

皆さんも、彼女(彼氏)はちゃんと自力で探しましょう!
by akaneyaa | 2011-11-13 20:53 | お出かけ
ミッション・イン・小豆島(12)
=============================
あらすじ
小豆島を後にしたのだった。。。

=============================

あはは、うふふ・・・
えへへ、おほほ・・・
(21:21)

皆「かんぱーい!」
e0033751_1158592.jpg

いやー、おつかれおつかれ。

e0033751_120112.jpg「お疲れリッヒ!」

ウ「おいのおごりだ。遠慮せんで食べんね!」

わーいわい。


そう。
無事ミッションを終えた我々は、オツカレ会の真っ最中なのだ。
香川はうどんとうちわだけじゃねーよっていう意気込みを
我々に示すべく、数年前から “讃岐コーチン” などのブランド鶏を含めた、
骨付鳥を塩コショーで焼いたののPRを行なっているのだそうだ。
e0033751_12163518.jpg

つーわけで、丸亀市内で人気の高い店(ウエンツさん調べ)に
つれてきてもらったというわけだ。
ラ・キー♪

さあさ。
来たよ来ましたよ。
e0033751_17173871.jpg

おなかもぎゅるぎゅううるいってるぜ。

早速いただきマース!!!

うん、うまい。
芳ばしく焼けた皮の中から、
鶏肉のうまみがじゅわっとでてくる。
手づかみでワイルドにガブリっとかぶりつけば、
ギャートリズム(はじめ人間ギャートルズになった気分)
も堪能できるという優れものだ!
e0033751_1720498.jpg

バクバクバクバク・・・・・

ウ「プヒャー、喰った喰った~!」
e0033751_17214426.jpg
e0033751_1722144.jpg「オイラもおなかいっぱーい。=3」

いや~、ホント喰ったね。
満足満足。

ウ「よし。じゃあ、そろそろお別れだな。
  楽しいミッションだったよ。」

こっちこそ、ホントに色々良くしてくれてありがとう。

e0033751_17261415.jpg「ケロっちにもよろしくお伝えください。」

ウ「じゃ、長崎までくれぐれも気を抜くんじゃないぞ。
  達者でな!」

じゃあ、恒例の別れの挨拶だ!

皆「シャーラバーイ!!!」


長かったウエンツさんとの一日も、あっという間に終わってしまった。
ねこ澤くん。
振り返らずに行くぞっ!!

e0033751_172976.jpg「ラジャ!!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・・・
・・・・・
・・・・
・・・
・・・
・・
・・




ホーウ・ホーウ・ホーウ・・・(←夜を表すフクロウ音イメージ)

e0033751_17312731.jpg「バス・・・なかなか来ませんね~。」

だよね。もう予定時間10分も過ぎてるのに・・・。

僕とねこ澤くんは、ウエンツさんと別れた後、
駅にふっついてるスーパーぽいコンビニ(?)で
水と朝パンを買って、今朝降りたバスの停留所にいるのだ。
e0033751_1734385.jpg
e0033751_17342424.jpg
e0033751_17344260.jpg

夜になると、周りも人気がなく、
やけに寂しい。
一応僕ら以外にも、ニーチャンとオバチャンが
おそらく僕と同じバスを待っているのだが、やはり寂しい。。。
e0033751_17363595.jpg

こんな寂しいところだと、
バスが定時に来ないだけで、ヒジョーに不安な気持ちになる。
何か事故でもあったのか?
まさか、とっくに行っちゃったのでは?
いやもしかして、ココでもCIAの妨害工作が行なわれているのだろうか。。。

e0033751_17394372.jpg「マスタ~、どうしちゃったんですか?
 ニラ畑の脇に埋まってる強烈な芳香を放つ黒い物体のような顔をして。」

それは、ねこ澤くん。
要するにねこのウンコみたいな顔だということだね。

e0033751_17413964.jpg「イ・ェーイ!!!あったりぃ!!!」

キーくそ!!
いやね、なかなかバスが来ないもんだから心配になってきたんだよ。

e0033751_17432289.jpg「マスタ~らしくもないですね。
 ほら、今後ろを歩いている陽気な外国人みたいに、
     元気出しましょうよ!心配しなくてもバス来ますって!」


確かに、ねこ澤くんの言うように、僕らが座っている停留所のすぐ後ろを、
ブラジルちっくな雰囲気のガタイのいい外国人が3人、
なにやらわいわい言いながら歩いてきた。
e0033751_1746221.jpg

どうも酒に結構酔っているようだ。
何を言ってるかまったく分からないが、
陽気というよりも、なにか口論をしているようだ。

耳を傾けていると、次第に口調が激しさを増していった。

そしてとうとう・・・僕らから10mくらいの地点で、
3人とも立ち止まって、言い争いを始めたではないかー!!!

そして更に・・・なにぃ!?ぐわぁ~!!!

e0033751_1751592.jpg「マ、マスタ~っ!!!」


次回!戦慄の最終回!!
果たしてバスは来るのかっ!?
テテテテ・テテテテ・テーテー!!!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>> To Be Continued >>>

by akaneyaa | 2011-11-02 20:50 | お出かけ
ミッション・イン・小豆島(11)
=============================
あらすじ
寒霞渓を後にしたのだった。。。

=============================

シュイ~~~ン=3=3=3
(18:17)
e0033751_17252689.jpg

e0033751_17255846.jpg「もうずいぶん日が傾いてきましたね~。」

e0033751_17271691.jpg
んだね。
でもまあ、ココが最後の場所だよ。

つーわけで、ファイナル回転?

e0033751_17323558.jpg「ファイナル回転!」

OK!
ドゥワーリャー!!!!!

e0033751_17335126.jpg


















































e0033751_1754720.jpg「ところでココって、
  いったいどこなんです?」

ココは、あの有名な映画
「二十四の瞳」の
舞台になった場所さ。

ウ「おお~い。2人とも~!
  そんな桟橋の先っちょになんか
  突っ立ってないで、
  こっちに来なよ~っ!!」

e0033751_1804212.jpg
ウ「もう、あんなトコに居たって、
  なんにもないだろ?
  ココを見なきゃ!」

そうだったそうだった!
ホラ!ねこ澤くん。

e0033751_1832977.jpg「へぇ~、ココが・・・」

e0033751_1862542.jpg
e0033751_186419.jpg「二十四の瞳映画村
 なんですねぇ~!!!」

ウ「そうさ。ココは実際に映画のロケで使われた
  オープンセットを改築して建てられた施設なのさ。
  さながら大正・昭和初期にタイムスリップした気分を
  味わえる場所なのさ。」

e0033751_1895676.jpg
この郵便ポストなんか、
なつかしいねぇ。。。
なんか最近は、コレを郵便ポストだと
知らない子も結構いると、
以前めざましテレビかなんかで
言ってたね。

e0033751_1814259.jpg「じゃあ、早速入りましょうよっ!」

いや・・・うーん。
そいがね~。

ウ「実はココ、営業時間が夕方5時までなのさ。」
e0033751_18163585.jpg

e0033751_181792.jpg「えーっ!!?そんなぁ。。。」
あと1時間くらい早く来れれば、見れたんだけどねぇ。。。

e0033751_18183071.jpg「つーか、マスタ~。あんた至る所で回転しまくってるから、
 こんなに時間喰っちゃったんじゃないですか!
 今日1日の回転時間トータルしたら、
      余裕で1時間以上使ってますよ!!」

エーそんなに回ったっけー?

e0033751_1822498.jpg「回・っ・て・ま・す!!!
 この回転オタクヘナチンっ!!!」

ちょっとねこ澤くん。どさくさに紛れてヘナチンは余計だろ、ヘナチンは!
自分だってさっき「ファイナル回転~っ!」とか言って、ノってたジャン!!

ウ「まあまあ、ヘナチンでもフリチンでもいいじゃないか。
  とりあえず今回はこの看板でも見て楽しもうじゃないか。」
e0033751_18251654.jpg

へぇ~、なんか結構色々あるね。
ちょっとワクワクすんね。
e0033751_18262872.jpge0033751_18352066.jpge0033751_18353697.jpge0033751_18355342.jpge0033751_1836914.jpg
はー。楽しかった。

e0033751_17564959.jpg「マスタ~!マスタ~!!」
んん?
あれ?ねこ澤くんどこ行ったの?
なーんかこっちの方から声が聞こえてきたんだけど・・・
e0033751_1758264.jpg

e0033751_17584930.jpg「こっちこっち~っ!!」
e0033751_17592121.jpg
あれ?なんだいそこ?

e0033751_181767.jpg
ボンネットバス停留所?

e0033751_187764.jpg「ドラマ撮影で使われた
 ボンネットバスに乗れるんですよ!
 岬の分教場とこの映画村を
      往復してるんですって。」

ふぅ~~~ん。
e0033751_1810509.jpg
これって、いちいち杉板に焼印刷してんだね。
でもって、今年の運行時間載せてるってことは、
来年はまた来年度の運行時間に杉板ごととっかえるのかな?
ゴクローなこったね。。。

・・・・・はっ!?

こ、この板、岬の分教場まで800mってなってるけど・・・
現在(2011年)の案内には、700mって書いてあるやんっ!!!
まさか今年の震災の影響で距離が縮んだとは考えにくい。
と、いうことは。
答えは1つ!
CIAだ。CIAの工作員がこの日だけ100m長く細工して、
その100mの間に僕らを始末するつもりだったに違いないっ!!!
あ、あぶなかった~!
もし僕らが、この映画村の営業時間内に来れていたならば、
迷わずこのバスに乗っただろう。
“回転” したおかげで遅れて良かった。
“回転” に救われたぜ。。。

e0033751_18215312.jpg「マスタ~、何1人でブツブツ言ってんですか?」
e0033751_18233885.jpg
おっと、なんでもないよ。

ウ「おおぉ~~~ぅい!そろそろ船の時間だ。
  出発するよ~!!!」

e0033751_18245377.jpg「ラージャー!!」

ラジャッ!!
(18:40)


シュビビ~~~ン=3=3=3
(18:51)
e0033751_18302221.jpg

着いた!!草壁港!!!

やっと戻ってきたね。

e0033751_18314140.jpg「ほんの一日だったのに、なんかものすごーく懐かしく感じますね。」

ウ「ホントだね。なんか1日が1年くらいに感じるね。」

たぶんそれは “精神と時の部屋” シンドロームだよ。
旅先では、ままあることなのさ。

ウ「ふぅ~~~ん。。。」

e0033751_18355573.jpg「まあ、マスタ~のハナクソうんちくはそのくらいにして、
 とっととフェリーに乗りましょう!!」
e0033751_18373122.jpg
な、なんだとーっぅ!?まてーっ!!!

ウ「しかし、色々なトラブルをくぐり抜け、無事周れたね。」

うん、そーだね。
今度はミッションじゃなく、プライベートでぜひ訪れたいものだね。

e0033751_18423088.jpg「小豆島ぁ~っ!!!
 オイラたちに冒険をありがとー!」

ウ「ありがとー!!」

ありがとー!!!

ボゥーーーン・・・ボゥ~~~~~ン・・・・・=3=3=3 (←汽笛)
(19:00)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・・・
・・・・・・
・・・・・
・・・・・
・・・・
・・・・
・・・
・・



e0033751_1855408.jpg「もうちょっとだけ続くんじゃよ・・・」


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>> To Be Continued >>>
by akaneyaa | 2011-10-12 20:56 | お出かけ
ミッション・イン・小豆島(10)
e0033751_16362641.jpg「あのーマスタ~。」
んん~?なんだいねこ澤くん。

e0033751_1638557.jpg「この前のお盆にウエンツさん夫妻がいらっしゃったとき、
 なにか気付きませんでした?」
んん?ああ、幸せそうだったね。

e0033751_16402774.jpg「いやいや、そうじゃなくって、
 マスタ~のことで、ですよ。」
んん?・・・ああっ!ウエンツさんより僕の方が太ってると言いたいのか!?
そうか!?そうなのか!?ねこ澤くん!!?

e0033751_1839341.jpg「そうじゃなくって、ほらぁ~。去年の夏の・・・」
夏?・・・・・もしかして、『LaLaの夏フェス』?

e0033751_16423663.jpg「もう~。チガウチガウ。
 “し”で始まって“ま”で終わる場所のレポートですよ!」
 “し”・・・“ま”・・・? ・・・・・!『しま』っ!!

e0033751_16463950.jpg「キーっ!!あんた、パープリンかっ!!
 小豆島!小豆島のレポートですよ!!
 もうあれから1年以上経っちゃったじゃないですカー!
      早く済ませないと、トトロ司令官にどやされますよっ!」

最近見かけないから、スッカリ忘れちゃってター。てへ。

e0033751_16523216.jpg「もう~!『てへ』じゃないっすよ~!」

わーった、わかったよ。
そんなに怒るなよ、ねこ澤くん。
・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・・
・・・
・・



=============================
あらすじ
土渕海峡を後にしたのだった。。。

=============================

ブフヒ~~~ン=3=3=3
(16:37)

e0033751_17412495.jpg「おんや?『注意。猿出没。』ですってよ、マスタ~。」
ああ、ホントだね。
この辺は猿が多いんだろうね。

ウ「そうさ。この先に『お猿の国』もあるくらいだからね。」
e0033751_17445397.jpg

e0033751_17452914.jpg「あ、あれっ?ちょっと待ってくださいよ。マスタ~!」
な、なんだよねこ澤くん。怖い顔しちゃって。。。

e0033751_17465251.jpg「いえね。お猿とは全くカンケーないんですけど、たまたまこの地図↑見てて、
 大変恐ろしい事に気付いたんですけど。」
え?なになに?

e0033751_1714610.jpg「この右上のほうの表示ですよ!」
e0033751_17205770.jpg
えーーーっと・・・『急坂のため ローギア使用』・・・?
コレが何か?

e0033751_1734536.jpg「『何か?』じゃあないっすよ~!
 マスタ~、最初この小豆島、自転車で周るっつてましたよねー!
 こんなローギアじゃないと車も上らないような急坂を周るつもりだったんですかーっ!」

てへっ!ごめ~ん!!走行距離しか考えてなかったよ~。

e0033751_177291.jpg「『てへ』じゃないっすよーっ!しかもこんな車で周っててもバテるような炎天下の中、
 自転車で周ってたらどうなってた事やら。
 ホーント、ウエンツさんがいてよかったですよ。」

まあまあ。ねこ澤くん。
結果オーライ、結果オーライ!
ほらっ、良い眺めじゃないかー!

ウ「ここらでちょっと休憩しようか。」

アルカリ性ーっ!・・・じゃなかった、賛成~っ!!

では、久々だから、ダブルでいこう!
ダーブールー・・・・・だーいかーいてーん!!!!!

e0033751_17212985.jpge0033751_17215015.jpg

トー


リャー


リラ


リラ


リラ


リラ


リラ


リラ


ーー


ーー


!!


ふぅ~い。
なんかすんごく久しぶりに回ったぜーっ!!

ウ「さあさ。気も済んだところで、先を急ごう!」

ブロロロロリ~~~ン=3=3=3

・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・
・・・・・
・・・
・・



あ!ストップ、ストップ、ウエンツさん!!

ウ「な、何っ!?」

ウキーッ・・・じゃなかった、キキーッ!!!(←急ブレーキ音)

あ、あれあれ!
e0033751_19124222.jpg
e0033751_1913844.jpg「オ・オーウ!サールデースネー!!!」
e0033751_19141027.jpg
しかも背後にもう1匹!
さながらスタンドのようだ!

いやー、ホントに出るんだね。
注意の看板が出てるだけのことはあるね。

ウ「そろそろ、銚子渓も近くなったからね。」

じゃあ、ちょっとその銚子渓とやらで休憩しようか。。。

・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・・
・・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・
・・
・・
・・




ブブブ~~~ン=3=3=3
(16:48)

e0033751_16463238.jpg

ふぅ、着いたね。銚子渓。

ウ「しかし、ホント暑いなぁ・・・
  こうして車で周ってても熱中症になっちまいそうだよ。」

e0033751_1957199.jpg「ホーント、自転車で周ってたら、今頃どうなってた事やら・・・・」

もういいだろ?
そんなに責めないでおくれよ~。

e0033751_19582910.jpg「冗談冗談。じゃ、これでも飲んでスカッとしてください!」
e0033751_19593942.jpg

お!気が利くねー。
オリーブサイダー ワイン風味。
それ、どったの?

e0033751_19261247.jpg「ココのお土産屋さんで買ってきたんですよ。」

あ、ホントだー。
結構広いお土産屋さんだね。

e0033751_19322413.jpg「ホラ、側面には犬も居ますよ。2匹!」
e0033751_19423130.jpg

あ、ホントだー。
でもお猿の国のすぐそばなのに、喧嘩しないのかな?

ウ「いや、むしろ猿がココに来て悪さをしないようにけん制してるんじゃないかな。」

はー、なるへそー。
さすがウエンツさん。

じゃあ、いっただきまーす!
グビグビグビ・・・ぷはぁ!
オリーブの風味はあんましないけど、
ワイン風味で薄めのグレープサイダーみたいだね。

ウ「よし!じゃあ休憩も済んだし、お猿の国ももうすぐ閉園時間だから、
  このまま次のポイントへ行こうっ!」

ラジャー!

e0033751_19354770.jpg「ラ・ジャー!」
(16:55)


バブロロロ~~~ン=3=3=3
(17:03)
e0033751_1939423.jpg

着いた!美しの原高原。

e0033751_917167.jpg
e0033751_9215598.jpg「あそこに見える四方指(しほうさし)展望台は、
 なんと標高が777mで、
 小豆島のフィーバー地点とされてる
      のだそうですよ。」

え?もしかして・・・
♪ぼくはフィーバー なんたってフィーバー
 おまけにフィーバー フィーバーフィーバー♪
の “フィーバー” ?

e0033751_10495885.jpg「それは “ビーバー” ですね。
 『ばくさんのかばん』の。」

え?じゃあじゃあ・・・
♪ぼくの先生はー ・・・ ティーチャー!♪
の?

e0033751_10552765.jpg「そこは “フィーバー” でしょ!」


あ、あれ?
それはそうと、ウエンツさんはどこ行った?


e0033751_1104286.jpg「なんか、あんなところで黄昏てますよ。」
e0033751_1111286.jpg
・・・っく!認めたくないけど、
ウエンツさん、あんたカッコイイぜ。
悔しいほどに。。。

ウ「おおーい!ココの眺めもステキだよー!」

e0033751_11142487.jpg「さあさ、マスタ~もそんな干し草の塊みたいな顔してないで、
 行きましょう!」

な、なにー!まてこの、ねこ澤くん~!!

e0033751_11163192.jpg
わー、ホントだー。
すごい眺めだなぁ。。。

あ!あそこが、今朝僕らが着いた草壁港だね。

そして・・・あそこがこの後行く予定の、
「24の瞳映画村」かー。

ウ「ホントは瀬戸大橋や大鳴門橋も
  見えるらしいんだけど・・・。」

・・・今日は見えんね。

あれ?それはそうと、ねこ澤くんは?


e0033751_11221566.jpg「おおーい!こっちもステキな眺めですよ~!」


ああっ!あんなところに!

ウ「よし、俺たちも行こうっ!」

あ、待ってー・・・

e0033751_1123542.jpg

う・わー!!!
ホントすごい眺めだね。
ココで願い事、思いっきり叫んだら、なんか叶いそうな気がしない?

ウ「さあ?」

e0033751_17121130.jpg「ドーゾドーゾ、気の済むまで叫んじゃってくださいよ。」
よ、よーし!叫んじゃおうっと!!
○○に○○○○○できますようにー!にーにーにー!(←ホントのエコー)

e0033751_17145289.jpg「マスタ~、その願い事。
 オリーブ公園でも願ってましたね。
 なんかショボイ願いですね~。」

な・なんだとーっ!
これは僕にとっては切実な願いなのだよ。
あー、早く叶ってくれないかなー。(←注:余談ですが今現在も叶っておりません)

ウ「よしっ!願いを叫んで満足したようだね。次に進もう!」

e0033751_17534074.jpg「ラジャー!」
ラージャー!!
(17:12)


ババビビブ~~~ンンン=3=3=3
(17:22)
e0033751_17574836.jpg

ついた。

e0033751_1824591.jpg「ココは寒霞渓の上の展望台ですよ!」
e0033751_1845014.jpg
かんかけい?

ウ「寒霞渓は日本三大渓谷美のひとつで、この瀬戸内海国立公園の象徴なんだよ。」

へーっ!・・・っとくりゃー、あの展望台でいっちょ回転でもかまそうかね!
ドーッリャーッ

e0033751_1892652.jpgいやー、しかし。
この小豆島って、
どこの景色切り取っても、
絵になる風景ばかりだねー。
いつか、絵でも描きに
来たいもんだなー。

ウ「そうだね。
  このミッションが無事全て終わったなら、
  そうするがいいさ。
  とりあえずミッションクリアした我々の
  残る仕事は、この島から生きて帰ることだ。
  決して最後まで気を緩めるんじゃないぞ!」

そうだね。
あまりの景色の美しさに
CIAの追っ手のこと、
スッカリ忘れてたよ。。。

e0033751_18173393.jpg「あれあれ~?
 2人して、なーにコソコソ
 話してるんですか~?」

うん。あ、いや。
もごもご・・・
あ、そうそう!
あの真ん中の雲。
あの雲ってさー、
なんかカニみたいだね!

e0033751_18191527.jpg「えー?どれどれ?」

e0033751_18195426.jpg
e0033751_1820871.jpg「あーホントだー!!」
よーっし!あの雲に願い事を叫んだら、願いが叶うカニ?

e0033751_18212656.jpg「しらー・・・」
ウ「おいおい!もうずいぶん日が傾いてきた。
 願い事言ってるゆとりはないよ。
 次に進もうっ!!」

e0033751_18224144.jpg「ラジャー!!」
ブラジャー!!!

e0033751_18232246.jpg「・・・・・」
・・・じゃ、じゃあ、次の目的地にしゅっぱーつ!
(17:26)

ブルルルルーン=3=3=3

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>> To Be Continued >>>
by akaneyaa | 2011-09-09 21:45 | お出かけ