人気ブログランキング |
あかねやん国
akaneyaa.exblog.jp
ブログトップ
カテゴリ:ボランティアガイド( 45 )
もちつき!
今日は、午前中から歴史文化博物館の
もちつきを加勢してきた。

実は、もちつきって小学校時代
友達んちで1回やらせてもらったっきりで
それ自体も、食べた記憶だけしか残ってない。
だもんだで、つく要領なんか全然知らないのだ。

さてさて。
博物館の広場に着いてみると
もうすでにもちつき始まってた。
子供たちもワイワイ集まってる。

簡易釜戸に、薪をくべて
大釜に湯を沸かし
その上に、4段(1升分)のセイロが置かれ
もち米がモクモク蒸気を上げて
蒸されている。

んー、いーにおい。

中央ではおっちゃんたちが
もち米捏ねて、ついてる。
その後子供達が、ペットンペットンついて
最後にベテランが仕上げて
つきあがり!
そのお餅を、おばちゃんと子供たちが
楽しそうに丸めていた。

しばらく横で眺めてて
なんとなく要領も分かったので
僕ももちつき参加!

最初は、臼の縁に杵を当てたりしてしまったけど
だんだん慣れてきた。
慣れてくるとなかなか面白い。
おまけに、体も温もってくる。

越中先生やら原田先生やらも混じって
一緒にペッタンペッタンペッタンペッタン・・・
(杵と臼は越中先生の弟さんが住職をしてる
 光源寺から借りたのだそうな)

はぁ。
面白かった。
トータル2升。(8回分)
振る舞いもち、鏡餅、紅白菱餅と作った。
振る舞いもちは、来館者に。
そして、鏡餅、紅白菱餅は奉行所の玄関と書院に。

今回初めて一通りやらせてもらったので
やっと、もちつきの行程が分かった。
つく技術も結構奥が深いんだねぇ。。。

あと、臼にへばりついた、もちをこさぎ取って食べたら
すんごくおいしかった。
やっぱつきたてはいいね~。

もちろん、おばちゃん達が丸めた
あんこもちもいただいた。
素もちは持って帰って
夜ゴハンに、おでんに入れて食べた。(注1)

やっぱ市販のと違って弾力が違うね。
食べててあごが疲れた。

とっても楽しかった。
(もちろんその後、通常のガイドもしてきた)

あ、そいと、ご褒美に手ぬぐいもいただいた。
もうかりっ!
e0033751_2341926.jpg



ところで余談だけど、モスバーガーの「モスチキン」と
「もちつき」ってなんか似てなくない?

============================

注1:一応、アドバイスいただいたので
   おでん極道♪から足を洗ったけど
   また新しく作った。(^^;
   僕は根っからの極道なんだなあ・・・。

by akaneyaa | 2006-12-28 23:04 | ボランティアガイド
12月21日 エジプト展!
今日、ボランティアガイドに行ったら
明日から始まる
「吉村作治の早大エジプト発掘40年展」の準備で
賑やかだった。
並行して、マスコミ、関係者向けの内覧会もあってたので
なおさらだ。

でもって、ボランティアガイドも、その内覧会に行ってもいいそうなので
早速行って見てきた。

入ってみると、吉村作治さんが
テレビの取材受けてるところに出くわした。
邪魔しないように、そうぅ~っと、そうぅ~っと
中の方に進んで、ずーっと見て回った。

いや~、すごかった。
いろんな発掘品が並んでいて。
装飾品やら人形やら像やら棺やらピラミッドのてっぺんの石やら
見応えバッチリ。

あと、発掘したピラミッドの内部見取り図が展示してあったけど・・・

王墓の部屋の上に
「重力拡散室」って部屋があった。
な、なんだこれ~?
やっぱすげぇ。
ピラミッド。
めちゃくちゃ神秘だ。

こりゃ始まったらまた見に来ねば。
(ちなみに、今回の企画展は博物館主催ではないので
 僕らボランティアガイドも通常料金なんだよね~。)


ところで、今日ガイドから戻ってきたら・・・

畑の肥料用に、仕込みで出た、
大量のにんじんの皮やら、タマネギカスやらを
袋に入れて、店の前に置いてたんだけど

いつの間にやら無くなってた!!
誰が持ってったんだろ?
まさか食べるわけじゃああるまい。

ちなみに、隣りに置いてたコーヒー豆カスの袋も
一度開けて物色された形跡があったけど
そのまま置いてあった・・・。

う~ん。こっちもミステリー。。。

by akaneyaa | 2006-12-21 20:44 | ボランティアガイド
7月6日 七夕
明日は七夕。
別に何するわけでもないのだけど
一応カレンダーに以前から書き込んでいた。
で、改めて見てみると、「夕方」って書いてた・・・。

まあ、それは置いといて、
今日歴史文化博物館にガイドに行ったら
2階の回廊にたくさん笹の葉が設けられていて
色んな願い事がぶら下がってた。

ふふ。
人の願い事見るって楽しいなぁ。

やたらと多かったのが「ダイエットが成功しますように」
といった願い事。
あと、「パチンコで勝ちますように」とか

そういうのは、願わなくても、自分でがんばればいいのに。。。

というわけで、僕も簡単には実現しそうにない
でっかい(?)願い事を下げてきた。

叶うと良いなぁ・・・。

ところで今日、天気良かったけど、明日天の川見れるのかな?

ちなみに、今年の旧暦七夕は7月31日なので、
そんときにも夜空を見上げてみようかな。

by akaneyaa | 2006-07-06 21:55 | ボランティアガイド
6月29日 ヒマナコト・・・
今日は、歴史文化博物館も結構ヒマだった。

だもんで、僕の担当の奉行所の書院の縁側から
見える景色をデジカメで撮って、
帰ってきてからつないでみた。

3時間近く、チマチマ角度変えたり大きさ変えたりしながら
つなぐという、ものすごい地味な作業をした割には・・・
e0033751_23233268.jpg

こんなんにしかならなかった。。。

(状態の良いトコだけ切ってみた)
e0033751_23244381.jpg


はぁ。
な~んかすご~く
無意味な時間を過ごしたような・・・。

ま、たまにはいいやね。
(たまにか?)
by akaneyaa | 2006-06-29 23:25 | ボランティアガイド
6月8日 割と出会う・・・
今日、例によって、歴史文化博物館で
ボランティアガイドしてたら、
奉行所に見覚えのある兄ちゃんがやって来た。
向こうもあれ?と気付いた。
以前、あかねやの常連の長大生さんだった。

へぇ。
平日にこんなとこで会うなんて。

その兄ちゃんも、3年程前に卒業して
今では小学校の先生やってるのだそうな。。。

でもまあ、ココでガイドしてると
割と知ってる人に出会うもんだなぁ。

お客さんでは、友達やら元居た会社の先輩やらと
偶然出会ったし、
受付やってるお姉さんは
うちの元バイトさんの友達だし、
向かいの大橋市場の八百屋さんの親戚も
同じボランティアガイドしてるし。。。

やっぱ、長崎狭いね。

by akaneyaa | 2006-06-08 22:16 | ボランティアガイド
3月23日 初撮影!
去年の7月から歴史文化博物館での
ボランティアガイドの為に、10回に渡る研修を受け
同年11月にOPENして以来、週一ペースで
約5ヶ月間ガイドをやってるけど、
今日、初めてカメラ持ってった!

もっと早くに持ってってれば、
色々と面白い写真も撮れたろうに
いっつも忘れてたのだ。

今、「ひな祭り」をやってるので
雛飾りを撮って来た。
でも、いっぱいあって
全部いちいち撮ってたらキリがないので
男心をそそる雛飾りを撮って来た。

御殿造り雛飾り(だったっけ?)
e0033751_23373918.jpg


やっぱジオラマは男心をそそる。
昭和だったか大正だったか
その頃作られた雛飾りらしい。
(ガイドのくせに記憶があいまい・・)
お公家さんちを詳細にジオラマ化した変わり雛だ。
すごく細かく作ってある。

ズームアーップ!
e0033751_23414935.jpg

蹴鞠やってます。。。

そして、更に・・・
e0033751_23423531.jpg

ちょっと柱の陰で見えにくいけど
ちゃ~んとお屋敷の奥に
お内裏様とお雛様が鎮座している。
ホントすげぇ~。
職人さんの心意気が伝わってくる逸品だ。

あと、気に入ってるのが
e0033751_23441641.jpg

木彫りひな壇飾り。
コロコロしててカワイイ。
普通は大体焼き物で作ってあるのだけど
これは木彫りで作ってある。

将来、僕に女の子が授かったら
コレを参考に作ってやろう!
(いつになることやら・・・)

他にも、スゴク立派なひな壇飾りが
いっぱいあります。
ちなみに、4月2日まで公開展示してるので
興味のある方はぜひどうぞ!

by akaneyaa | 2006-03-23 23:46 | ボランティアガイド
3月10日 オランダさん
江戸時代の長崎人は、オランダ人だけでなく
アメリカだろうがイギリスだろうがポルトガルだろうが
外国人は皆ひっくるめて、「オランダさん」と呼んでいたそうな。

でもって、先日。
長崎に客船が入港して、二十数カ国の「オランダさん」(変な表現・・)が
上陸してたらしい。

確かに、浜ん町ウロウロしてたら
それっぽい人たちを結構見かけた。

で、歴史博物館にも、ほんのわずかだが来てた。
(ほとんどの人達は、やはり原爆資料館に行ったらしい。)

僕も奉行所のお白州でガイドしてたら、1人でふらっと
男性の「オランダさん」がやって来た。

 ・・・あわわ。どうしよう。

「え~、イトイズ・・じゃぱにーず、エイシェント・コート・・」
タドタドしい英語で説明したら、
「This way ?」
「ノーノー、え~、ジャッジメント・プレイス、オーケー?」
「This way ?」

ん~?なんか噛み合ってない。
やっぱり僕のカタコト英語じゃ、通じないのかしら?
それにしても、向こうも向こうで
「This way ?」しか言ってこないぞ。
そんなに順路が知りたいということは
もしかして急いでんのかな?

結局説明は諦めて、「This way」と
先の方を指差してみると
とっとと行ってしまった。

あとから他のガイドさんに聞いたら
あの「オランダさん」、フランス人だったのだそうな。。。

やっぱ見ただけじゃあ、そんなん分かんないや。
昔の長崎人が「オランダさん」とひっくるめて呼んでいた気持ちが
ちょっと分かったような気がした。


豆知識:
今から400年前の昔、オランダの船「デ・リーフデ号」が
大分の臼杵湾に漂着した時、検分のために
長崎からポルトガル宣教師とポルトガル通詞(通訳さん)が
派遣されたのだが、ポルトガル語には「H」の発音がないらしく
船に書かれた「ホーランド」という文字を「オーランダ」と発音したのだそうだ。
そのおかげ(?)で、400年経った今でも「オランダ」と
呼んでるのだそうな。。。
by akaneyaa | 2006-03-10 23:30 | ボランティアガイド
2月3日 忘れてた。
今日、朝ゴハン買いにホカ弁に行ったら
恵方巻が売ってたので、食後のデザートに買ってきた。
(弁当は弁当で買って食ったので。(^^; )

今年の恵方は南南東。
バッチリ方位磁針で方角も確認して
モクモク食べた。
(海苔の歯切れが非常に悪かったけど・・・)

でもって、昼から友人の韓国人金さん達(といっても他は日本人)
が今県立美術館でグループ展をやってるのを
見に行って、そのあと毎度のごとく
歴史文化博物館にガイドに行った。

今日は節分なので、奉行所でも豆まきをすると
聞かされて、ハッとした。

あ、そうか。
今日は節分なんだ!
スッカリ忘れてた。

朝から食った恵方巻はなんやったんやねん!
思わず自分にツッコミ入れてしまった。
節分なんて全く意識しないで食ってたのだ。
なんかボケてんなぁ~。。。

しかしまあ、今日はラッキーだった。
だって大人になって初めて節分行事に
参加できたので。

館長さん自らお奉行さんに扮して
豆まいて回ってた。

近所の小学生から
ランタンフェスタ見にきた
遠方の観光客までギャラリーも
わんさか集まって、行事としては大成功。

僕もガイドの傍ら、豆まきについて回った。

ちなみに、江戸時代は、豆囃子(まめばやし)という役職もあって
豆まきの時に活躍してたのだそうだ。
というわけで、当時の豆まき様式を再現して、
レッツ豆まき!

まずは、その家の床の間から開始。
(奉行所では応接間である「書院」)
その年の恵方に向かって

威勢のいい掛け声で
「福は~内」
豆一粒、ぽいっ。
「福は~内!」
豆もう一粒、ぽいっ。

今度は鬼門(北東)に向かって
普通の掛け声で
「鬼は~外!」
豆一粒、ぽいっ。

所用豆数、計3粒。
ちょっとしょぼい感もあったけど
期待して集まった小学生達は
喜んでその3粒を争奪していた。

「鬼は~外」の掛け声は「福は~内」よりも
弱めにするのがシキタリなのだそうだが
お奉行さんも、緊張してんのか
「鬼は~外」の掛け声が余計に弱々しい。

僕の前で見ていた、イケメン兄ちゃんに
「なんかあの「鬼は~外」は、力抜けますね」と
話し掛けて、なんやかやとイチャモンつけ合ってたのだが
話しながら ・・・「はて?この人どっかで見たことあるな~。」
と気になった。

その後同様に、「お白州」、「対面所」と来て
最後に「式台」(奉行所の玄関口)までやって来て
思い出した。

あー、市ちゃんだ。
あの兄ちゃん市ちゃんだよ。
確かNBCテレビにおって
フリーになって東京行ったと聞いてたけど
いつの間に戻ってきてたのだろ?
(そういえば、昔会社の新春祝賀会に
 司会で来てもらった事もあったっけ。)
ちなみに、取材はNHKとKTNだけだったような・・・。

でもって、お奉行さんの豆まきも無事終わり
メインイベント、年男年女の豆まきだ!
これは今風に小袋豆。
しかも当り付きだ!!

市ちゃんも年男なのか
急遽、豆まきに加えられてた。

「式台」前の広場に、更にわんさか集まった
ギャラリーに向かって、一斉に豆まき開始!
今度はさっきと打って変わって、
景気良くポイポイまきまくりだ。

もう、子供たちなんか狂喜乱舞だ。
喜びまくって豆集めてた。

さすがに後ろで見ていた僕は
豆の期待なんかしてなかったのだけど
ポイっと2つばっかり飛んできて
おなかにぶつかった。

わーラッキー!
一つはボランティア仲間のおばちゃんにあげて
もう一つは大事にポケットにしまった。

こりゃ、今年はなんかイイことあるかも・・・!
e0033751_2248679.jpg

by akaneyaa | 2006-02-03 22:48 | ボランティアガイド
1月22日 変わらぬ姿勢?
先日、歴史文化博物館にガイドに行ったとき。
雨降りで、しかも寒かったせいか、お客さんも
まばらだった。
(おかげ?でN○Bテレビさんもゆったりと取材してたし・・)

ヒマなので、少しでも足りない知識を補おうと
チョコチョコと展示してある史料とかをむさぼり読んでたら・・・

長崎は鎖国時代、唯一開かれた交易の地だ。
だもんで、かつての貿易による利益は莫大なものだったらしい。
なんせ、その利益の中から長崎町人全員に
夏冬のボーナスを振舞ってたほどなのだから。
(ちなみに、自分の家持ってる町人は夏冬合わせて20万円相当。
 家を借りて住んでる町人には5~6万円相当。)

でもって、更に、その利益の使途を読んでみると
輸出の赤字補填・・・!?
なんじゃそりゃ?

どうやら、輸出に関しては、
外国に日本の品々を原価割れするほど
安値で売って(買い叩かれた?)いたのだそうだ。

要するに、貿易による莫大な利益というのは
輸入した外国の品物を自国民に高く売りさばいて得たお金だったのだ。

う~ん。なんか思いっきり国力弱めてるような気が・・・。
それに、自国民からせしめた金を、気前良く長崎町人達に配ってるのも
どんなもんかと思うけど。

この外国に対する弱腰の姿勢といい、
お金の回り方といい、200年経った今でも
大して変わってないような気がしてならない。

坂本竜馬さんには悪いけど、
明治維新しても、日本は生まれ変わったとは
言えないのではないだろうか。
(ちなみに、犯科帳を見ると、やってる犯罪も
 昔とちっとも変わらないのがよく分かる。)

とはいえ、さすがに牛肉はもう譲れんだろう・・・。
by akaneyaa | 2006-01-22 22:31 | ボランティアガイド
1月2日 会う日
なんか昨日が、長い1日だったせいか
今日はもう3日くらいの気分だけど
まだ2日。
なんかもうかった気分だ。

今日は9時前に、献血センターに行かねばならないので
寝坊しないよう、注意した。

なんで正月に献血なのかというと
三が日まで献血ルームもお休みなのだけど
血小板だけは、採血してから3日間しかもたないので
中日の2日に採っておかねばならないのだそうだ。
というわけで、この日は献血ルームの方々も毎年交代で
勤務してるのだそうだ。
ご苦労なこって。。。

ところで、献血ルームに向かう途中、
浜ん町のアーケードを通ったけど
もう、初売り待ちの行列がアチコチにできている!!

すごいなぁ。

よく考えたら、正月って生まれて一度も(少なくとも物心ついてからは)
町とかウロウロしたことなかった。(どこのイナカモンやねん!)
生まれて初めて見る光景に圧倒されつつ
献血ルームに到着。

早速採血開始だ。

採血用のベッドに行くと・・・あれ?!
な、なんと。
隣りのベッドには、僕が以前居た会社の
N川さんが寝てるではないかっ!
いやいや、こんなトコで会うなんて。
スゴイ偶然。

なんでも、N川さんは献血エキスパートで
もうすでに70回以上も来てるのだそうだ。

採血されながら、N川さんと世間話。。。
僕が歴史文化博物館にガイドに行ってる事を話すと
なんと、そこに展示してある傘鋒(カサボコ)の張替え
も年末にN川さんがしたのだそうだ。
さすが、傘鋒棟梁。
長崎の色んなことに関わってんだなぁ。
(ちなみに、来週催される、会社の新春祝賀会。
 N川さんが間に入って、長崎の伝統芸能、
 芸者さんにも来てもらえるよう計らったのだそうな)

無事、献血も終わり、ドトールでマンガ読みながら
休憩した後、今度は原チャリでアチコチ買い物に出かけた。

でもって、今日こそはっ!と意気込んで
諏訪神社に初詣に行ってきた。
ココもすごい人出だ。
よく考えたら、正月に初詣したのも
学生の時以来だ。

あまり図々しくない程度のお願いをしてから
去年の御札を納めて、ニュー御札を購入。

まだガイドの時間まで結構ある。
お諏訪さんの階段のとこの出店で
梅が枝餅を3個買って
ベンチに腰かけて、モクモク・・・。

はぁ~。天気も良いし、割とあったかいし
いい日和だなぁ。。。
お年寄りのようにのんびりしたとこで
ちょっくら、博物館のすぐそばの立山防空壕を
見学してガイドに向かった。

博物館も昨日に引き続いて、すごい人出だ。
(ガイド終わった後に聞いた話では、
 この2日間で1万人は来館したのだそうな)

ほいでもって、また今日も奉行所担当。
(今日もガイドは僕を含めて3人ぽっち・・)

またまた寸劇も見て、楽しくガイド終了・・・と思ってたら。
閉館時間まぎわに、どやどやと
団体さんが駆け足で回ってきた。
例によって、案内をしていると・・・
あれ?!
向こうも、あれっ?!
もう随分と長いこと会ってない友達が
その中にまざっていた。
なんか今は長大の図書館に居るのだそうな。

いやいや、こんなトコで会うなんて。
すごい偶然。

今年は人に会う運があるのかな?

さあ、明日からは、あかねや再開!
いっちょ今年もがんばろ~!!
by akaneyaa | 2006-01-02 21:24 | ボランティアガイド