あかねやん国
akaneyaa.exblog.jp
ブログトップ
<   2008年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧
試み
先日、前掛けに新たなる破けが発覚したので
昨日、観念して新しいのを買いにいこかなぁと思った時。

ふと、思い出した。
以前この前掛け買った時、
意外と高かったのに閉口したコトを。
そして、次回は自作しようと心に誓ったコトを。


ならば、布を買いに行こう。

そう思った時。

あ、だったら布も、なんかあるやつを使えないかな?
と思い、真っ先に以前献血でもらったエコバッグが頭に浮かんだ。

コレだ!
e0033751_2338890.jpg

う~ん。
ちと、ビミョーな大きさだな。
生地的には申し分ないのだけど・・・。

とりあえず、分解してみよう。

と、いうわけで。

チマチマチマチマ、縫い糸を解いていき、展開してみた。
(結構時間がかかった・・・。)
e0033751_2339415.jpg

やはり、前掛けには
ちと小さいや。

しょうがない。
布くらいはちゃんとしたのを買ってこよう。
(展開した布はまたなんか別の用途にとっとこう。)
[PR]
by akaneyaa | 2008-02-29 23:42 | モノ | Comments(0)
ガビーン
ミステリーサークルって人が作ったものだったなんて
今初めて知った。

じゃあ僕も、ミステリー○○○を作ろうっと。

[PR]
by akaneyaa | 2008-02-28 21:00 | テレビ・映画・ドラマ | Comments(0)
いつの間にやらもうすぐ2年・・・
そうか。
もうそんなに経つのか。

以前、出島の刺繍をしてると書いたけど、
あれからもうすぐ2年になろうかという
今日この頃。

その刺繍もずーっとサボってほったらかしてたのだけど、
例の前掛けの刺繍で火がついたのか、
なんか今月になって急にヤル気が出てきたので
いちおー、仕上げてしまった。
e0033751_22485641.jpg

ふぅ。ちかれた。。。
これだけ見ると、結構良さげに見えるのだけど、

モデル絵はコレなのだー!
e0033751_2251960.jpg
出島でもらったパンフレット。

う~ん。ずいぶん差が出たなぁ。
かなりいいかげんだ。
ま、ラッションペンで布に直接、ざーっと模写(?)しただけだから
こんなもんだろ。
おまけに衝動的にやり始めたもんだから、
布の端っこな上に、かなり中途半端な構図となってしまった。。。
(船も省いてるし・・・)

でもまあ満足してるので
コーヒー台の敷物にでもしよう。

さて、次回は何を刺そうかな。。。
[PR]
by akaneyaa | 2008-02-27 22:59 | 図画・工作 | Comments(0)
洞穴紀行(3)
「あの~、N島さーん。ちょっとオシッコしたいんですけど~。」

そう、そうなのだ。
原チャリでN島さん宅に向かう道中から
もよおしていたのだ。
もう限界にきたので、N島さんに訴えると、

「ああ、そうね。」

そう言ってN島さんは、スタスタ行ってしまった。

あわわ。
置いて行かれまいと、素早く最寄の土手で
用を足し、N島さんを追いかけた。

ふうふうふう。
あれ?
あんなトコに、N島さんが立ち止まっている。
待っててくれたのかな?

「おーい。コレが『三鈷(さんこ)の松』だよ。」

とっとと行ってみると・・・
おお!
e0033751_23151558.jpg
これが、例の「三鈷の松」か~。
(全部で3本あった。)

 [三鈷の松]
   葉が3本の松だ。(普通のは2本)
   これも歴史の中に埋もれてしまいかけてた
   ものなのだけど・・・

   以前、N島さんがどっかの飲み屋で
   居合わせたお客さんから、又聞きで
   九州には、福岡・熊本・長崎の3ヶ所のみに
   この三鈷の松があるコトを知ったのだそうだ。

   ただ、雲仙のどこかというコトしか手掛かりがなく
   地元にも知る人が居なかったので、
   なんと、N島さん。
   雲仙の山々を歩き回って、
   自力で見つけ出したのだそうな。
   それも、2年かけて。。。

   恐るべし、N島さん。


   ただ、発見した時、枯れかけていたので、
   またもや雲仙の観光課になんとかしてくれるよう
   かけ合って、整備してもらったのだそうな。
   今ではスッカリ元気になって、
   こんな立派な立て札まで備えられている。
e0033751_23245050.jpg


ちなみに、落ちてた松の葉を拾ってみると・・・
e0033751_23261932.jpg
ホントだ~。3本だ!

しかしまあ、N島さんて、陰でかなり雲仙の観光に貢献してるよなぁ。。。

あれ?

いつの間にやらN島さん。
はるか先へスタスタと・・・・・。

ま、待って~。。。

>>>>>>>>>>>>>>>>>> To Be Continued >>>

[PR]
by akaneyaa | 2008-02-26 23:36 | お出かけ | Comments(0)
洞穴紀行(2)
さてさて。
なんとか渋滞ゾーンをクリア。

と、思ってたら・・・

「あ!道間違えた!!」

どうやらN島さん。
曲がるトコを間違えたらしい。
なんか訳のわかんない住宅街(?)に迷い込んで
グルグル周った挙句、なぜか元の間違えた交差点に戻ってきた。

さすがにN島さんも、このタイムロスで帰りの時間が気になってきたらしい。
「こんな調子じゃあ、3時までに戻ってこれんかも・・・」

まあ、ある程度予想してた事だ。
このとき初めて、N島さんに
「今日は、ガイド休みにさせてもらってきましたよ。」
と告げた。

すると、N島さん。
急に表情が明るくなり、
「あ、そうね!じゃあ、加津佐の前に、雲仙の行基洞に寄ろう!」

[行基洞]
   奈良時代の高僧・行基さんが仏教広めるためか地図書くためか知らないけど
   全国行脚して回った時に立ち寄った雲仙でこもった石の洞穴だ。
   ずいぶん長い間、地元の人たちも行かなくなって、
   道も草木に埋もれてしまい、
   みんなの記憶から消えかけてた頃。
   N島さんが例によって山を探検してて
   迷い込んだ部落(塔坂)でお年よりから
   その話を聞いて、探し出したのだそうな。
   その後、雲仙の観光課にかけあって、
   HPで紹介してもらったり、道しるべつけてもらったりしたので
   今では、いくらか人が参ってるらしい。
   5年前のことだ。

まあ、そんなこんなで、いきなり目的地変更。
愛野を抜け、千々石を抜け、
いよいよ、雲仙まで近づいてきた。

車持たないもんだから、こんな遠くまできたのも久しぶりだ。
雲仙も、3年前の冬にバスで温泉&年賀状書きに来た時以来だ。
車持ってた頃は、ちょくちょく来てたのだけどなぁ。。。

そんな感じで懐かしみながら景色を眺めていると、
ようやく、オシドリの池を通過した。
e0033751_22344813.jpg
雲仙温泉街の一歩手前だ。
う~ん。いい天気。

そして、ほどなく雲仙温泉街に到着。
平日だけど、思いのほか観光客も歩いていて
少し賑やかになったみたいだ。

そんな観光客を尻目に、更に進んでいくと・・・
小地獄温泉の青雲荘に到着~!

9:20

車から降りるなり、N島さんはいきなり山に突入して行った。

は、早っ!

ま、待ってください~~~。。。
e0033751_231236100.jpg


>>>>>>>>>>>>>>>>>>> To Be Continued >>>
[PR]
by akaneyaa | 2008-02-25 23:15 | お出かけ | Comments(0)
CMに一言(41)
田中美保は悩んでいた。

ちょっと大人の私。
至福の私。
ちゃっかりの私。

今、デミオ、ベリーサー、アクセラで
選べる成約プレゼント。

マツダのお店でマイチョイス。

ズンズンズン、マツダ。


e0033751_2225295.jpge0033751_2224417.jpg

最後の田中美保さんの口元の形と
マツダのエンブレムが似ているのは
狙ってのコトなのだろうか?
e0033751_22252637.jpg

え?そうでもない?

[PR]
by akaneyaa | 2008-02-24 22:31 | CM | Comments(0)
洞穴紀行(1)
今年の頭だったかな?

できたてGOPANという夕方のローカル番組(注1)で、
島原半島の南端の加津佐町にある洞穴が紹介されてたので
行ってみたいなぁ~っと思っていた。

その洞穴というのは、今から400年余り前、
キリシタンからの迫害を逃れて、仏教徒の人たちが
仏像やらなんやらをコッソリ隠した場所なのだ。
(でもその隠したものは、結局キリシタンに見つかって、
 破壊されたのだそうだ・・・)

その話を、ちょっと前。

店に来たN島さんに話してみたら・・・
「お、そこは、ちょうど去年の11月くらいに行ってきたトコだよ。
 もう断崖絶壁でスゴイ場所だよ~。」

う。

ますます行きたくなってきた。

そしたらN島さん。
「じゃあ、今度行ってみようか?」

ヤ・ター!!

とはいえ、休みの日は昼の3時半から
歴史文化博物館のボランティアガイドに行かねばならない。
その時間までには戻って来れないかも知らないから、
ガイドも休みにさせてもらおう。

そう思ってたら、N島さん。
「大丈夫。そんな時間かからんよ。余裕で戻ってこれるさ。」

ふぅ~~~ん。。。

でも、一応休みにさせてもらった。

というわけで、この前の木曜日(21日)行ってきたのだ!

朝6時半。
ゴミを出して、コンビニで朝ごはん買ってきて
モクモク食べて、
7時20分。
原チャリにまたがり出発した。
つつじヶ丘のN島さんちへ。
一応8時に着く計画だ。

ぶぃ~んと、西山を上り、
ゴルフ練習場を横目に山のクネクネ道を
越えて、現川(うつつがわ)方面に下りて
行ったのだが・・・

さすがに早朝の山越えは寒い。
バイク用防寒着なんて持ってないから
畑で使ってる長靴を履いて行ったのだけど
Gパンの膝が痛いくらいに寒い。

まさに
e0033751_23193042.jpg

このカーズの気持ちを味わった気分だ。。。

そんなもんだで、あんまりスピードも出せず、
50分くらいかかってしまい、
N島さんちに着いたのは8時10分だった。

もう、膝は痛寒いわ、オシッコはしたいわだったのだけど、
せっかちなN島さん。
原チャリから降りた僕を、間髪入れずに車に乗せて
とっとと出発してしまった。

ま、いいか。

(結果から言うと)やや命がけの旅へ
いざ、出発~っ!!!

だが、早速。
朝の通勤ラッシュにハマってしまい、
いきなりノロノロ運転に・・・。

ああ、ホントにガイド休みにしといてよかった。。。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>> To Be Continued >>>

================================

注1:毎週水曜日は「なるほど歴史塾」というコーナーがあるので
   その日だけ録画して見ているのだ!
[PR]
by akaneyaa | 2008-02-23 23:32 | お出かけ | Comments(0)
新たなる・・・
先日、前掛けにツギを当てたのに・・・

新たな破けが発生してしまった!
e0033751_02120.jpg

ナンタルチア・サンタルチア!

で、よーく見てみると・・・
e0033751_03570.jpg

どうやら、ズボンのジッパーのツマミが当たるトコだ。
何回も擦れて破けちゃったんだなぁ。。。

さらに、アチコチ点検してみたら、
結構小さな出っ張りとかに当たる部分は
どこもかしこも擦れて薄くなってた。
あと、紐も何回も結んだり解いたりを繰り返したため
切れそうになってた。

う~ん。
ケチらずに、新しいの買うか?
それとも、根気よく全てにツギを当てるか?

う~~~ん。。。

[PR]
by akaneyaa | 2008-02-22 23:58 | モノ | Comments(0)
独楽とおばちゃん
e0033751_22322578.jpg

「こん前ね、2階ば片付けよったら、こがんとの出てきたとよ。
 よかったら、持って行かんね?」

市場のパン屋(注1)のおばちゃん(注2)が僕に差し出したのは、

でかい独楽だ。

常連の整体の先生に教えてもらったトコによると
中心の剣を抜いて、穴に木片を詰めて
正確な中心出しをして、そこに再度剣を打ち込み、
剣自体も自分でシッカリ研ぎ上げて、
やっと初めて遊べるのだそうな。

僕が子供の時(少なくとも僕の身近で)は、
すでに完成された独楽しか売ってなかったので
買ってきてすぐ回せていた。

未完成で売られていたなんて、初めて知った。
でも、それだけに、自分で自分の責任で
自分の望む方向に仕上げられる楽しみが残されている。

これが醍醐味なのだろう。

そういった意味では、最近のおもちゃなんて
味も素っ気もなく、自分で仕上げるゆとりもなく
何かあれば、すべてメーカーに責任が追及されれる
ようなものばっかりになってしまった。
(今のガンプラなんか色も塗らないでいいらしいし・・)

さてさて。
そんなこの独楽。

いったいいつの独楽かというと・・・

「これはね、もう60年以上前んとよ。」

ええ~、すごい!
 ・・・はっ!?しかも60年前っつったら戦後すぐだ!

あの~、おばちゃん。
一体いつから、このお店してるのですか?

「あたしはね、もう62年やっとっとよ。」

ええ!!じゃ、じゃあ終戦直後からですか!!?

「そうよ。うちも最初ん頃はね、人形のたていわから
 おもちゃとかも卸して、軒先にずら~っとぶら下げて
 売っとったとよ。そん独楽もそんとき売っとったとよ。」

すごいなぁ。

おばちゃんは、戦後の日本を
ずっとこの市場から眺めてたのだなあ。
まさに、“人に歴史あり”だ。。。

ちなみに、この大橋市場。
最初の頃は、24軒も店があったそうなのだけど・・・
今じゃあ、たったの6軒になってしまった。。。(注3)

最近、食の安全とか言って、騒ぎまくってるけど
騒ぐ前に、もっと市場を大事にしたらいいのにね。
(スーパーやなんかよりもずっと安全ですよ。)

==============================

注1:正確に言うと、パン屋ではなく、雑貨屋なのだけど
   うちで使ってるパンを取り寄せてもらってるので
   便宜上パン屋と呼んでいる。

注2:正確に言うと、おばあちゃん(85歳くらい)なのだけど、
   (ちなみに、うちの祖母よりも年上だ)
   足腰もシャキシャキしてて、
   毎週踊りとお花とお茶に通ってて、
   毎年おくんちの時は、朝っぱらから長坂に並んでるし
   毎年僕にバレンタインチョコくれるなどハイカラさも備えており
e0033751_22364720.jpg
   とてもおばあちゃんと呼ぶには若いので
   便宜上おばちゃんと呼んでいる。
   あと、実家も偶然僕と同じ相知町だ。

注3:そいでも僕がお店始めた頃は、まだ12軒あったのに。。。
[PR]
by akaneyaa | 2008-02-21 22:39 | 周辺のコト | Comments(0)
オトコのロマン(後編)
e0033751_22375185.jpg

ぎゃあ、びっくりした!

先ほどのケツァルコアトルスの骨ゾーンの先に
肉付け再現された模型がぶら下がってたのだ!

ビックリしすぎて、思わずシリモチつきそうになった。

普通の人だったら、前方にぶら下がってるのを
歩きながら事前に気づいてるはずなのだけど、
直前にくるまで僕は、後ろばっかり見ながら歩いてたので、
振り返った瞬間、この模型に遭遇してしまったのだ。。。
まあ、ある意味、一番いい味わい方ができたと言えよう。

記念に、パシャ!
e0033751_22492492.jpg

ちなみに、体の構造は、空を飛ぶため
骨が中空になってたりして、かなり軽量化されていて
こんなに大きいのに、実際の重量は僕と同じくらいと
推定されているのだそうな。

す・げー!

尻から見ると、こ~んな感じ。。。
e0033751_22554031.jpg


でも、翼竜とはいえ、
今の鳥みたいに、羽ばたいて離陸するものはごくわずかで、
たいがいは、高いトコに行って、そっから飛び降りて滑空してたらしいのだ。
でもって、こんな風に4つ足で歩いてたのだそうな。
e0033751_2313941.jpg
(足跡の化石から推測)

さて、ちょっと切ない化石も展示されてた。
e0033751_2383521.jpg

一見タダの化石みたいだけど・・・
ココが切ないのだー!
e0033751_2310337.jpg
どうやら自分の翼を噛んだまま息絶えて
化石になってしまったのだそうな。
(火山性有毒ガスにやられてしまい、苦しさの余り
 自分の翼を噛んだのではないかといわれている)

さあ、そんなこんなで地球の空を我が物顔で支配していた翼竜たちにも、
絶滅の時がきた。

e0033751_23174333.jpg

これは地層の模型だそうだが、
黒い層になってるとこが
K/T境界とよばれるものなのだそうな。
なんでも、地球上には極めて少ない元素が
大量に含まれているため、
宇宙からの巨大隕石が地球に衝突した時にできた
地層ではないかと言われている。

K/T境界の下が古生代、上が新生代。
新生代の層からは、翼竜の化石は、
現在一切発見されていないため、
翼竜たちは、K/T境界を境に絶滅してしまったのだろうということだ。

こんな、何万年にも渡って生きてきた翼竜が
こんな風に絶滅してしまったんだから、
今の人間だって、突然何かで絶滅してもおかしくはないよね。

しみ・じみ・・・

そして、翼竜に代わって地球の空を現在に渡り
支配している鳥達。
e0033751_2327817.jpg

手前のアホウドリが現在一番大きい鳥だそうだが、
確かにでかっ!
大型犬並だった。

ああおもしろかった。
やっぱ化石見ながら空想するのって楽しいね。
オトコのロマン、満喫してきました。

おしまい。

[PR]
by akaneyaa | 2008-02-20 23:35 | お出かけ | Comments(0)