あかねやん国
akaneyaa.exblog.jp
ブログトップ
<   2012年 12月 ( 27 )   > この月の画像一覧
初めての八郎岳(終)
←(3)はコチラ
================================


ガサガサバキバキ・・・・・

今ドコを歩いているのだろう?

いつの間にやら歩いてるうちに道がなくなって、
完全に藪こぎするハメになってしまった。
さっき、黒い蛇もいたから、うっかり噛まれないようにしながら、
N島さんと藪の中を彷徨っていたのだ。

で、しばらく彷徨って、ふと左方向に目をやると、
何やら案内板の後姿が藪の向こうに見えるではないか!

N島さん、ちょっと待ってください~!
案内板がありますよ~!!

どんどん奥へ突き進んでいくN島さんを引き止めて、
戻って来てもらった。

N「あー、ホントだ。よう見つけたね。
  よし、じゃあ行ってみよう!」

ガサガサバキバキ・・・

ヨカッタ。
道に出た。

そしてさっきの案内板を正面から見てみると、
それは案内板ではなく
「危険!立入禁止!」
の立て札だった。

つまり僕らは、その立入禁止区域から上ってきたのだった。
どーりで歩きにくいと思ったよ。。。

さて。
無事登山道に戻れた僕らは、
更に進むと、今度はちゃんとした案内板に辿り着いた。
e0033751_12215120.jpg
N「あれ?八郎岳が示されてないな~。
  まあいいか。ついでだから小八郎の頂上まで行って、
  そこから八郎岳に行こう!」

あれ?まっすぐ八郎岳に行くのでは?
チラリとそう思ったけど・・・

八郎岳の隣の小八郎目指して、
N島さんはズンズンズンズン進んで行かれた。
e0033751_12242831.jpg

・・・なんか進むたびに行くトコが増えてるなぁ。
 ホントに体の水分足りるのだろうか。。。

ちなみにN島さんはもう水分の事なぞ、
全く気にもしてないようだった。
きっと山が楽しくてそんなコト忘れちゃってるのだろう。
e0033751_12253825.jpg

そんなN島さんを追いかけて、
ようやく、小八郎岳頂上へ到着!(13:10)
e0033751_12253584.jpg
寺岳から通常75分かかるところを55分で着いたことになる。

ちょうど老夫婦もいらっしゃった。
いつも2人でアチコチの山を歩いて
楽しんでおられるのだそうだ。
で、山頂に生えてる「ロクオンソウ」という植物を教えていただいた。
国で絶滅危惧種に指定されているのだそうだ。
そして、こんな風に花と実と、更に熟れた実が
一緒に見られるのもかなり珍しいとの事。
N島さんも僕も、そんなコトには疎いので、
教えてもらわなかったら気にもせずにスルーしてるトコだった。
あー、ラッキー。。。
e0033751_12272280.jpg
e0033751_12273285.jpg
e0033751_1227116.jpg
e0033751_12272651.jpg

N「よし!珍しい植物も見れたトコで、いよいよ最後のお楽しみ。
  八郎岳に行こう!!」

ガゼン元気満々で進んで行かれるN島さん。
e0033751_12383997.jpg

僕ももうひと踏ん張りガンバロー=3

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・・・
・・・・・
・・・・
・・・
・・




しばらく小八郎を下っていくと、分岐点に出た。
e0033751_12392290.jpg

今度は確実に八郎岳へ向かってるようだ。
ちゃんと八郎岳への案内がある。
e0033751_12403676.jpg

いざススメ!
e0033751_12414538.jpg


更にしばらく行くと、
今度はいよいよ最後の登りだ。
e0033751_12454658.jpg

体の水分もどうやら足りたみたいだ。
さほど喉も渇かず、ラストスパート。
ズンコズンコズンコズンコ登っていくと・・・・・

つ、着いた~!!
e0033751_12424149.jpg

八郎岳だーっ!!!
e0033751_12451727.jpg

うひょわ~!
良い眺めだ良い眺めだ。
すごく良い眺めだ。
こんなにステキな眺望だとは思っても見なかった。
長崎の主要な部分がほとんど見渡せるじゃあないか。
なるほど。
かつて江戸時代に遠見番所が設けられていた事もうなずける。
あかねやもあの辺りにあるのだろうなぁ。。。
e0033751_12555932.jpg

お!あんなところに八郎岳周辺の案内図がある。
e0033751_1373064.jpg

えーなになに・・・
実線のルートが通常コースで、
点線のルートが健脚コース・・・
e0033751_1375873.jpg

こうして見ると僕らの歩いたルートってほとんど健脚コースだったのだなぁ。。。
e0033751_13242372.jpg

というわけで。
山頂の真ん中に立ってる柱によじ登り、
久々の~・・・360°フル回転じゃ~~~ぁいっ!!!!!
e0033751_1643641.jpg

すごいなぁ~!
野母崎の先っちょから、天草、島原の雲仙、大村の多良岳、川棚の虚空蔵山などなど
一望に見渡せるよ。
e0033751_16153694.jpg

N島さんが僕にぜひ見せたいとおっしゃってたのも納得だ。
僕も誰かにぜひ見せたいと思ったもんね。

さて。
とまあそういうわけで、
絶景も堪能したので、帰る事に。
平山町に向かって下りていくのだ!
e0033751_162015.jpg

ちなみに山頂の周囲にはこんなものも。。。
e0033751_16205738.jpg
珪化木(けいかぼく)という木の化石なのだと、
N島さんが教えてくださった。
長年かかって木の組織が珪素に入れ代わってできるのだそうな。
すごいなぁ。カッチカチだ。
途方もない時間がこの中に詰まってるのだろうなぁ。。。

と、しみじみしてたら、もうN島さんはとっとと下って行かれてた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・・・
・・・・・
・・・・
・・・
・・




下り始めて20分。
e0033751_16331828.jpg

ようやく平山町と竿の浦町の分岐点に来た。
e0033751_16332183.jpg

ところで、ココまで来ると結構膝が痛くなり始めた。
N島さんによると、
水分補給してないので、膝のクッションの水分が不足して、
膝の関節同士がぶつかってるからだろうということだ。
おまけに割と急な下りを駆け気味に下ってきたので、
余計負担がかかってるのだろう。

N「俺も前、そがんなったことあるもんね。
  まあ、下に着いて水分補給したらすぐ治るよ。」

というわけで。
引き続き駆け足で下りてった。。。

ちなみにこの辺りの山道。
かつてはこの山で切り出した木を
馬に曳かせて運ぶ道だったのだそうだ。
何度も何度も運んだから山がえぐれて現在みたいな沢みたいな道になったらしい。
e0033751_16464634.jpg

N「俺が20代の頃、ココでちょうどそれを見たんだよ。
  あんときは、馬がかわいそうだったよ。
  たった1頭で木を1本曳いてたんだけど、
  カーブで木がつっかえてるのを強引に曳かせるもんだから、
  もーう馬が泡吹いてね~。
  ものすごく苦しそうだったよ~。」

当時は毎日そういう仕事をしていたのだろうなぁ。
ホント大変だったろうなぁ。。。

それを聞くと、膝が痛いと弱音を吐いてる自分が恥ずかしくなってきたので、
再びN島さんと共にオリャーっと下って行った。

そして途中2匹の鹿に遭遇しながらようやく下まで下りて来た。
e0033751_1650214.jpg
(山頂から約40分かかった)

どうやらココはお墓の横のようだ。
e0033751_16505593.jpg
(知ってる苗字があったので後日友達に聞いたらホントにその友達んちのお墓だった・・・)

お墓を抜けるとこのような表示が。。。
e0033751_16535833.jpg

本来はこっから登っていくのだね。
なんて書いてあんのかな・・・
ふむふむ・・・うぎゃー!
e0033751_16555948.jpg

「もし、一つでもかけているようでしたら」って、
僕らココに書いてあるもの何一つ持ってないよ~!!!

・・・ま、無事帰ってこれたからいいか。

つーわけで。
ココからまたサイクリング道路を歩いて車まで帰る事に。。。
e0033751_1658553.jpg

道路沿いには市民農園が広範囲に広がっていて、
色んな方々が農作業を楽しんでおられた。

そして川には・・・
e0033751_170367.jpg

なぜか1羽だけアヒルが。
e0033751_1703813.jpg

グワッグワグワッグワ元気に鳴いていた。
前出の友達によれば、結構昔から居るのだそうだ。

そんなアヒルを横目にテクテクテクテク歩いて行くと・・・
山側には「イノシシ注意」の札が!
e0033751_1732095.jpg

そしてその先にはイノシシのトラップが設置してあった。
e0033751_1735786.jpg
生まれて初めて見た。
イノシシトラップ。
イノシシ年生まれの僕的にはイノシシに親近感があるのだけど
しかたがない。みんなが迷惑しているのだろう。。。

とか思ってる間に、ようやく最初の網が張られた入口に到着。
e0033751_19102655.jpg

また紐をほどいて、通り抜けて、紐を元通り結んで、
はいさよなら~!
e0033751_1912670.jpg

サイクリングロードを歩いてるうちに膝の痛みもいつの間にやら消え失せた。


おちまい

====================================
今回の経路
e0033751_1913173.jpg

[PR]
by akaneyaa | 2012-12-31 19:11 | 長崎名所めぐり | Comments(0)
今日の気付き
あかねやには換気扇を含めて計4つのファンがある。
これらは週1回程度掃除してるのだけど・・・
e0033751_1141128.jpg

このファンって、羽根がねじれてるから拭きにくいんだよね~。ビミョーに。。。
e0033751_1154465.jpg
なんかスムースに拭けない。
まあ構造上しょうがないもんね~とか思いながら、
毎回拭いているのだけれど・・・

ふと、今日。
いつも右手で拭いてるから、試しに左手で拭いてみようと
何気なく思ってやってみたら!

拭き易い!
めっちゃ拭き易くなった!!

なるほど。
左手で拭くと、手首に負担のない自然な角度で
羽根のねじれの向きに合わせる事ができる。
(ちなみに扇風機はねじれが換気扇とは逆なので右手のがやりやすかった)

今まで、「しょうがない」からといって、
無理な角度に強引に慣れようとしていたけど、
ちょっと何かを変えるだけでこうも楽になるとは。

日常のこういうところにも、
試してみるべき事が色々転がってるのだなぁ。。。

他にも無理に慣れてる動きがないか、
ちょっと留意しながら作業してみようっと。

自分の中の“慣れ”というものを見直してみることも大事だ。

[PR]
by akaneyaa | 2012-12-30 21:01 | 自分のコト | Comments(0)
経済効果
当初、年間の経済効果が130億円という試算で着工した長崎新幹線。
先日スレーっと年間70億円に下方修正してたのだけど・・・。

昨日新聞見たら、
熊本のゆるキャラ“くまモン”は今年、
たった半年間で118億円も稼ぎ出したのだそうな!

スゲー!
e0033751_2124334.jpg

長崎新幹線は建設費5000億円。
くまモンに関する熊本県の本年度予算は1億8000万円。

うーん。
くまモン、すんごい経済効果だ。

やっぱ新幹線作んなくていいんじゃない?

(ちなみに、長崎のゆるキャラって小値賀町の“ちかまる君”と
 大村市の“おむらんちゃん”しか知らなかったんだけど、
 実は18体もいたという事実をつい最近知った。。。)
[PR]
by akaneyaa | 2012-12-29 20:46 | 今日のニュース | Comments(6)
「やる気」もらいました
先月、近所のヤ○ダ電機に最新のウォシュレットを見に行った時に
T○T○のカタログもらおうと思ったんだけど、なぜかパナのしか置いてなかった。

店員さんに尋ねると、ちょうど切らしてるとの事。
で、
「来週になったら確実にあります」
とおっしゃるので、
また1週間後に改めて行ってみたら、
「先週お客様から依頼されてすぐメーカーに発注かけたので、
 先日入った報せを受けたんですけど、ちょっとドコ探しても見当たらないんですよ~。」
との事。

なんかだんだんアテになんなくなってきたぞ。

しょうがないのでその日もカタログを入手できないまま店を後にした。。。

でもって先日。

もうあれから3週間も経ってんだから大丈夫だろう。
と思って3たび出かけていってみたら・・・

あったーっ!
今度はちゃんと入ってたー。

つーわけで。
カタログもらってきた。
e0033751_2111719.jpg

いやーしかし。
3度も行ったので、行くたんびに展示品を見てたのだけど、
今度のT○T○のウォシュレットはすばらしかった。
色んな面でものすごくスリムになってたのだ。
おかげでデザインがすんごく洗練されてて、
展示されてる各社製品中ズバ抜けてた。
(ひいき目なしに純粋に僕の好みで)

こんだけスリムになったのにもかかわらず、
着座センサーやらオート開閉やらちゃーんと入れ込んでんだもんね。
きっと全てのユニットにおいて、
各々のチームの設計者が苦労して考え抜いたであろう事が
展示品からひしひしと伝わってきた。
(KFに至っては更にフチナシだし)

ヤ○ダ電機での各社比較表では、
節電重視の評価だったので1位はパナ製のだったけど、
節水も考慮すればT○T○のが1番経済的だろう。
(ぶっちゃけ夏なんか便座暖房せんでもいいしね)
それに以前はどうしても若干高かった販売コスト面でも
今回のは全くひけをとってないし。(←これも苦労したのだろうなぁ)

おまけにノズル洗浄のために機内で水道水から作り出す
次亜塩素水は今流行りのノロウイルス抑制にも少なからず効果を及ぼすだろう。

これだけガンバった製品見たら、
僕もガンバんなくっちゃって気持ちが奮い立ってきたもんね。

年末に良いもの見れてヨカッタ。。。

[PR]
by akaneyaa | 2012-12-28 21:14 | モノ | Comments(0)
便利な世の中だけど・・・
先日、店の表の花壇の手入れをしていたら、
ベビーカーを押した若いお母さんが通り過ぎていかれた。

赤ちゃんを乗せたベビーカーを押しながら、
自分はケータイを片手で器用に操作しているのだ。

ケータイをいじりながら歩いてる人は
依然後を絶たないどころか増えてるようにさえ感じられる昨今だけど、
やっぱり見ていて危なっかしい。

見送りながらそんなコトを思い再び作業を始めると、
ちょっと先の方で赤ちゃんの泣き声が聞こえた。

振り返ってみると、さっきの母子だった。

どうやら赤ちゃんがベビーカーから落っこちたらしい。
慌てて抱えあげておられた。

ちょうど歩道の途切れたところのわずかな段差があるところだ。
きっとケータイに夢中だったので、そのわずかな段差に気付かず
ベビーカーのバランスを崩して赤ちゃんを落っことしたのだろう。

幸い大事には至ってなさそうだったけど・・・

ちょっとしたタイミングの違いで、
誰かの命や人生までもを左右する事態に至る可能性だってあるのだ。

中には、ケータイいじるだけでなく、
更にイヤホンつけて音楽も聴きながら
歩いてる人も結構見かける。
周りの環境からの視聴覚情報を自ら断って歩いてるようなもんだ。

ある意味かなり恐ろしい事だ。

やっぱり歩いたり、何かを運転する時は
その行為に専念した方が良いと思うんだけどなぁ。

いくら便利なものを技術者が作っても、
使う人次第で益にも害にもなるのだから。。。
[PR]
by akaneyaa | 2012-12-26 21:01 | 周辺のコト | Comments(0)
お・と・な の なぞなぞ (20)
おでんをもらって喜んでいるチェルシーのMFってだーれだ?

答え: エデン・アザール(おでん、あざーっす!) (←マウスでドラッグすると見えるYO!)

[PR]
by akaneyaa | 2012-12-25 20:44 | なぞなぞ | Comments(0)
おでんうどんべえ
ガタンゴトン ガタンゴトン
おでんうどん うどんおでん
おでんうでん うどんおどん
うでんおどん・・・

お笑いコンビラーメンズのネタからもうかがえるように、
おでんとうどんは密接な関係を持っているのだ。

と、いうわけで。

ちょくちょく食べてる「袋どんべえ」のスープを使っておでんを作ってみた。
e0033751_18115061.jpg

とりあえず、昆布でダシとって大根を下茹でしたところに
粉末スープを投入!
e0033751_1813639.jpg

そしてスーパーの特売で買ってきたおでんダネセットをエイサエイサと投入!!
e0033751_18142246.jpg


コトコト煮てると、鍋いっぱいに膨らむおでん。
ココが愛すべきおでんの最もチャーミングなポイントのひとつだ。
e0033751_1816972.jpg

そして、イェーイ出来上がり!!
e0033751_18161881.jpg
(大根率ギザタカス)

はふはふ、う~~~ん。
なかなかのうまさだ。
どんべえの粉末スープ。
なかなかやるね。

でもって、次の日の朝。
残しておいた袋どんべえの乾麺を、
おでんスープに入れて煮込んで完成!
おでんうどんべえだ!
e0033751_1820885.jpg
(具もコレ用に少々とっておいたのだ!)

いやー、うまいうまい。
朝から温まったぜー。

またやろっと!
[PR]
by akaneyaa | 2012-12-24 20:07 | 食べ物 | Comments(0)
レ・ミゼラブル
先日、映画の招待試写会に当たったので、
この前の定休日に映画を観てきた。
「レ・ミゼラブル」という映画だ。

これ以前に招待試写会は4回当たったことがある。
隠し砦の三悪人紀元前1万年海猿ロックアウト

今までのは大して面白くなかったけど、
今回は結構期待ができる。
なんせ、元が名作だし、ミュージカルそのままを
映画に持ち込んだのだそうだから。

ちなみにこの作品。
世界的に有名だけど、
僕は子供の頃祖母から与えられた本で読んだのと、
5年前博多座にミュージカルを見に行っただけだ。

つーわけで。
いざ!映画館へ!!

ジャジャーン♪(始まり)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・(映画鑑賞中)

ジャジャーン♪(終わり)

いやー、ヨカッタ。

ドコをとってもいちいち絵になる映像。
迫力のあるCG。
リアルな描写。
そして何と言っても上手な歌と演技!

更に、観客の集中力が途切れる辺りに
(一般的に人間の持続できる集中力は60~90分だと言われている)
コゼットとマリウスとエポニーヌの三角関係を持ってきてくれるという配慮。
(おかげでちょっと仮眠がとれた)

そしてご丁寧にその10~15分後、
急に大きな効果音と共に始まる革命の戦い。
ちゃんと目覚ましまで配慮してくれている。

なんて計算され尽くされた映画なのだ。

ところで今回映画になったことで、
今まで本やミュージカルで思わなかった事を感じてしまった。

本やミュージカルだとどうしても登場人物主体に見てしまってたのだけど、
こうして周囲の様子や背景、そして係わる人間の生と死をリアルに観せてくれたことによって、
よくよく見ればみんな自分勝手な事やってるだけじゃん!
と思ってしまったのだ。

でもまあ、人間ってそうだよね。
そんな生き物だよね。
どんなに相手の事や周りの事を考えてるつもりでも、
結局は全てエゴなんだよね。
そのエゴが、たまたまうまく噛み合えば幸せにもなれるし、不幸にもなれるのだ。
そしてそれをなるべくうまく世の中が運ぶように噛み合わせる為の知恵が、
ガマンや譲り合いといったモラル的なものであり
法や約束といったルール的なものになるのだろう。

ていうことを的外れとは思うけど考えさせられた作品だった。

ちょっとまた改めて原作を読んでみようかな。。。

[PR]
by akaneyaa | 2012-12-23 20:23 | テレビ・映画・ドラマ | Comments(0)
クリスマスに向けて浮かれてみよう!
♪ジングルベー ジングルベー ふがふっつっつー・・・♪

というわけで。
もうすぐクリスマス。
クリスマスといえば何と言っても
やはり“浮かれ”だろう。
クリスマスを構成する要素の
およそ8割は“浮かれ”であるとの見解を出している学者もいるほどだ。
(民明書房刊―「ひとりじゃないよクリスマス」より)

なるほど。
というコトは、逆もまた真なり。
とにかく浮かれてさえいれば、クリスマスの8割を体験していると言えよう。

それに昔から「腹八分目」という言葉が示す通り、
8割も体験すれば十分だろう。
僕が「クリスマスを体験した」と言っても誰からも非難を受けることはないはずだ。

ならばココで浮かれておいてもなんら損はなさそうだ。
いやむしろ、浮かれるべきだ!!

というわけで。
僕も世間に浮かれ負けせぬようツリーをこさえてみた。
オリャーーーーーッ!!!!!=3
e0033751_18263280.jpg

ホントはストローで全部作ろうと思ってたのだけど、
木だけ作ったところで飽きたし、いいデザインも作り方も思い浮かばなかったので、
折り紙とコラボということにした!
e0033751_1830283.jpg

テーマは「今からプレゼント配りに出かけるぜ!トナカイども!」
(ちなみに容器は例のキングカップヌードルのを使用)

そして・・・
e0033751_1915028.jpg

クリスマスのために世界各地から集った・・・
e0033751_1916786.jpg

プロサンタ集団。
その名も「サンタ団」だーっ!!!
e0033751_19165572.jpg


ちなみに、袋担いだサンタは、
歴分(歴史文化博物館)のボランティアガイドさんが折って、
受付にたくさん飾ってたのを1つ譲ってもらって、
分解して折り方をマスターしたのだ。
(ガイドの曜日が違うためそのガイドさんとは滅多に会えないので・・・)

これの優れているところは、デザインはもちろんだけど、
何より後ろに担いだ袋もちゃんと開いて、物が入れられるところだ!
e0033751_1922230.jpg

コレ考えた人、スゴイなぁ~。。。

もちろんこの小指の爪サイズのも、ちゃんと袋が開くのだ。
e0033751_19224713.jpg


というわけで、いや~。
浮かれた浮かれた。
・・・はぁ。。。

ちなみに、クリスマスリースは12年前に友達のお母さんに作ってもらったのを、
毎年飾っております。(ホントにありがとうございます)
e0033751_18333343.jpg
e0033751_18334850.jpg

e0033751_1834232.jpg

さあ!
次はお正月の浮かれ準備をせねばっ!!=3
[PR]
by akaneyaa | 2012-12-22 20:25 | 図画・工作 | Comments(0)
初めての八郎岳(3)
←(2)はコチラ
================================

e0033751_1232592.jpg

寺岳山頂に到着。
e0033751_1232484.jpg

一応最新の予定では、ココから再び引き返して、
八郎岳に登るコトになってるのだけど・・・

N「うーん。やっぱりさっきのは俺が思ってた岩とはチガウ気がするよ。
  もうちょっと先まで行って確認してみよう!」

というわけで。
まだ引き返さず、
更に先の方へ踏み込んでいくコトになった。

ザクザクザクザクザクザク・・・・・・

N「あーっ!ココだココだ。
  ココが俺が言ってた岩だよ!!」
e0033751_12335537.jpg
N島さんの勘の赴くままにしばらく歩いて行くと開けた所に辿り着いた!
e0033751_1236921.jpg
おお~っ!!!
さっきまで見たのと全くチガウ。
かなりデカイ岩だ。
確かにこれはスゴイ岩だ!
何やら文字も彫られている・・・。
e0033751_12362016.jpg

う~~~ん。。。「利作岩」とだけは読めるけど、
後は何て彫ってあんのかちょっとワカンナイや。
利作ってなんだろ?人名?地名?まあいいや。。。

眺めもステキだ。
野母崎の方まで見渡せる。
e0033751_1237468.jpg
さっきのトコより
タマ○ンの
ソワソワ具合も
グレードアップ
するぜーっ!
ヒョわー!!

お!そして。
僕らが乗ってきた車もさっきより良く見える!
e0033751_1238416.jpg

e0033751_12382197.jpg

とりあえず、
これでホントにホントの「スゴイ岩」に辿り着けて、
目的を達成した。

N「さあ、これで気が済んだから、八郎岳に行こう!」

ちょうどお昼の12時を回ったところだ。

今来た道を佐敷岳まで駆け足で戻る事に。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・・・
・・・・・
・・・・・
・・・・
・・・・
・・・
・・・
・・・
・・
・・
・・




駆け足となると更に速いN島さん。
まるで忍者のようだ。
僕も置いていかれないよう、
ふうふうふうふう言いながら追いかけた。

佐敷岳山頂まで戻ったところで分岐点だ。
ココから先は案内板の「小八郎岳へ」方面へ下って行った。
e0033751_12452944.jpg

ザクザクザクザクザクドムザクザク・・・・・

寺岳から駆け続ける事約30分。
ようやく開けた所に辿り着いた。(12:45)
e0033751_12462635.jpg

正面に小八郎岳が見える。
右手の海側は千々(ちぢ)方面だろうか。
e0033751_12462117.jpg
向こうからだとこの辺りまで車で来れるみたいだ。
e0033751_12464935.jpg
ココまで車で来てたら結構ラクできたなぁ。。。
とか思ってると、もうN島さんが見えなくなった。
e0033751_12483094.jpg

わー、待ってくださーい!!

>>>>>>>>>>>>>>>> To Be Continued >>>

[PR]
by akaneyaa | 2012-12-21 21:29 | 長崎名所めぐり | Comments(0)