あかねやん国
akaneyaa.exblog.jp
ブログトップ
<   2014年 04月 ( 28 )   > この月の画像一覧
トリンス
先月の事だけど、
店の食材を切らしたので、
ちょっと店を留守にして、万屋町のAプライスまでひとっ走りして戻ってきたら、
常連さんがあかねやの前で待っておられた。

で、待っておられた間に何気なく周りを見てて
あかねやの上に鳥の巣らしきものがあると気付いて
教えてくださったのだ。

確かに!
言われて表に出てみると、
あんな所に!!
e0033751_1739255.jpg

上の階の住居の換気扇のフードの中だ。
e0033751_1740566.jpg

見たところ、脇に別配管が見えるので、
そっから排気するように改造してあるようだ。
だもんだで、静かになったフードの中に巣を作ったようだ。

一体何の巣だろう?

ツバメが巣を作ると家が栄えるというから、
ツバメだったらいいのにな。

とか、都合の良い事期待して今日まで待ってたんだけど・・・

今朝、いつものごとく店の前で体操をしていたら
頭上から鳥の鳴き声がするのだ。
電線とか見渡しても、姿は見えない。
もしやと思って、じーっと巣を見てたら
ピョコと巣から近くの電線に鳥が飛び出したではないか~!

太ったスズメみたいな鳥だ。
もしかして、メジロなのかな?

でも実は、メジロっていう認識を持ってメジロを見たことがないので、
鳴き声とかも知らないんだけれど・・・

でも少なくともスズメではないことは間違いないと思う。

いや~、やっぱあの巣、使ってたんだなぁ~。
(単にたまたま休憩に使ってただけかもしんないけれど・・・)

[PR]
by akaneyaa | 2014-04-30 20:28 | 周辺のコト | Comments(0)
花火
前回、花火を見に行ったのがおそらく20年前。
10年前に1度行こうとしたけど結局いかなかったし・・・

だもんだで、花火の音すらもスッカリ忘れてしまった今日この頃。

昨夜、あかねや閉店後、鍛冶屋町のまるたかに買い物に行った帰り、
8時半頃だったろうか。

いつものように寺町通りを歩いていたら、
どっからかドーン、ドーンっと、結構でかい音がする。

ちょうど雨も降ってたので、雷かな?
と思ったのだけど、その割には稲光もしないし、
何回も音がする。

も、もしかして町中の飲食店かなんかのガス爆発じゃあないだろうな!?

心配になって耳を澄ますけど
サイレンの音も、それらしい騒ぎの音も聞こえない。

じゃ、一体何の音だろう?

しばらく考えながら歩いて、
はたと、ある疑惑が頭をよぎった。

も、もしかして、
こ、これがあの有名な、
「花火」というものの音なのではないだろうか?

少ない脳みそをフル回転させて推理してみた。
1.今はゴールデンウィーク
2.そして帆船祭が始まってる
3.音は長崎港の方から聞こえてくる
この1~3項目をまとめて、まるめて、あーしてこーして・・・

カシャカシャカシャカシャ・・・・・チーン!!!

「ハナビ ノ カクリツ 97% ナリ」

と言う回答が出たのだ!

そして、果たして僕の推理は見事に当たっていた。

今朝の長崎新聞にその記事が載っていたからだ。

スゴイなぁ。
あんな雨の中でもやるんだ。花火。
でもまあ確かに、昔家で花火したとき、
バケツの水の中に燃え中の花火を突っ込んで
水中でも燃え続ける花火を楽しんでたんだから、
アレくらいの雨ならじぇんじぇん大丈夫なのだろう。

そして、更に記事を読み進めていくと、
もっと恐ろしい文言が記されていた。
な、なんと!
「今夜も花火があがる」のだ!と。

はーなんということだ。
はーなんということだ。

そのような事が許されるものなのか。
いや、今の世の中、何が起きても不思議ではない。

現に今日だって、奈良でビニール好き(ビール好きではない)の男が
体に巻きつけて楽しむために、ビニールハウスのビニールを切り取ったことが発覚したため
器物損壊容疑で逮捕されたばかりではないか。

つーわけで。
長崎新聞の記事を信じて、
あかねや閉店後、20年ぶりの花火を見に行ってみたのだ!

つっても、のこのこ水辺の森公園まで出かけたわけではない。
あんなトコ行った日にゃあ、カップルにあてられてたまったもんじゃあないだろうからね。
そう!
男は黙って裏の墓!!
男は黙って裏の墓!!!(←クールポコ風に)

裏の延命寺の脇から風頭に抜ける石段を上って
墓の間から見ることにしたのだ!
まだオバケシーズンじゃあないから
多分大丈夫だろうと踏んでの事だ。

と、思ってたら
まあ甘かった。

オバケは出なかったけど、階段がメッチャキツイ。
先週の矢上普賢筋肉痛がようやく取れてきたトコだったのに、
えーらい上らされた。
最適なビュースポット求めてたら、結局お墓のほぼ頂上まで行ってしまったもんね。

で、帰りも、今度は落ち葉で滑るわ、足首は痛くなるわで散々だった。
(一応小さい懐中電灯持ってってたのでなんとか足元が見えたけど)

まあでも、20年ぶりの花火。
なかなか良いもんだった。
(着いたら5~6分で終わっちゃったけど・・・)
e0033751_21252733.jpg

でも、夏に上るのはやめとこう。。。
[PR]
by akaneyaa | 2014-04-29 21:26 | 周辺のコト | Comments(0)
レンジ・チャ・レンジ
この前、100均に行った時、
モニョモニョしたヤツが売ってたので、
買って来てみた。

ポーチドエッグ器だ!(注:玉子は別売りです)
e0033751_1637067.jpg
コレに玉子を割り入れて、
レンジでチンすれば
お手軽にポーチドエッグができるという代物だ。

でも、説明書きには、湯せんの仕方しか書いてないので、
レンジは様子見ながらチンせねばならない。

まあ、キン肉族のことわざに
「馬にのってみよ、技にかかってみよ」
というのがあることだし、
とにかくやってみよう!!

ポチエグ器に玉子を割り入れ、
爆発しないように楊枝で黄身にプスプスプスと穴をほがして、
レッツ・チャ・レンジ!

ヴ~~~~~~ン・・・・・

30秒経ったところで、
ドアを開けてみた。

うーん。
なんか固まってきたっぽいけど、
まだ黄身の周りの白身が結構透明だな。
もちょっとかな?

更に10秒。

まだ若干透明だな。
あと5秒やってみよう。







ボン!=3

わー爆発したー!!!

でも一体どうして?
穴をほがしたのに。

まさか、キラークイーンの仕業じゃあないだろうな。

恐る恐るレンジのドアを開けてみたら、
黄身は無事だけど、白身が爆発してた。
e0033751_16572558.jpg
ナンタルチア、サンタルチア。

白身も固まるとすぐ爆発するのだね。
そいえばいつだったかもゆで玉子爆発させてしまったモンね。。。

はーしっぱいしっぱい。

つーわけで、レンジを掃除して、
ごんぶとに入れて食べた。
e0033751_1713078.jpg
うまうま。

これが今朝の出来事だ。


でもって、お昼。
リベンジ・チャ・レンジ!

40秒弱で、取り出したら・・・

今度は爆発せずにできた!!
e0033751_173342.jpg

ヤッタね!

カレーライスにのせて食べた。
e0033751_1741750.jpg
うまうま。

でも、この時点でも結構黄身が固まってしまってた。

35秒弱くらいがいいのかな?

また今度チャ・レンジしてみよう。
(さすがに夜はやんなかった)

[PR]
by akaneyaa | 2014-04-28 20:16 | モノ | Comments(0)
矢上普賢に登ってみよう(1)
ぐあぁ。
一昨日から筋肉痛のひどいことひどいこと。
こんなに筋肉痛になったのも久しいのではないか。

実は10日余り前、あかねやにN島さんがやってきて、
「来週の木曜日、矢上普賢で祭礼があるから登りに行かないか?」
と誘われたのが事の始まりだ。

毎年4月24日は、年に一回、矢上普賢の普賢菩薩をご開帳し皆で祀るのだそうだ。
そして今年の4月24日は、ちょうどあかねや定休日の木曜日に当たったのだ。

さほどひっ迫した予定もなかったし、
何よりもこんな機会もそうそうないだろうから
行きましょう!
ということになったのだ。

なったのだけれど・・・

ちょうどこの2日前の火曜日。
急に大橋市場に行かねばならない用事ができたので
午前中にとっとと済ませて、昼から矢上普賢に登ることにした。

つーわけで。
N島さんとは矢上普賢前のララコープの駐車場で12時に待ち合わせということに。

で、当日。

朝っぱらからこまごました作業を済ませ、
自転車にまたがり懐かしの大橋市場へ!GO!!=3

10時半過ぎ、無事用事終了。

ちなみに、旧あかねや見に行ったら、
もうほとんど解体されてた。。。
e0033751_11175020.jpg
ホントにこれでサラバだ。(しくしく(T_T))

さて前を向こう。
これから矢上のララコープへGO!だ。

あかねやに一度荷物を置きに寄って、
蛍茶屋に差し掛かった。
この辺りで11時20分くらい。
結構時間を食った。

しかも、最近運動不足のせいかビミョーにペダルを回す足が重い。
おまけに向かい風だ。
日差しもかなりキツイ。
(後から知ったけど、この日25℃の夏日だったらしい)

一抹の不安を感じながら、日見バイパスを上って行くと・・・

やっぱりだ。
いつもよりもかなりきつい。

来る途中で買ったラフランス味の天然水がなかったら、
とっくにくたばってただろう。

そんな大事なラフランス味の天然水をちびちびやりながら
なんとか日見バイパスを越えた。

で、ぴゅーっと下って、しゃーっと進んで、なんとかララコープに到着。
ギリギリ12時ジャストだ。
(この時点で、結構ヘロヘロ・・・)

N島さんも駐車場の入口で待っておられたので、早速合流。
ララでおにぎりを買って、
いざ山頂目指してレッツ普賢!!
e0033751_1239426.jpg

意気揚揚と登山口の鳥居をくぐり、坂道へ踏み込むと・・・
e0033751_1242288.jpg
ズシッ。

!?
な、なんだ!?
妙に重力を感じる。
足が重い。

そう。
ちょうどエコーズACT3の“3FREEZE(スリーフリーズ)”を喰らった時のような感覚

と、言えば分かり易いだろうか。
1歩目からこんな調子じゃあ先が思いやられるぞ。

N島さんによると、この山。
山頂までほとんど真っ直ぐの登山道だから
かなり勾配がキツイのだそうだ。

・・・確かに。
e0033751_12491396.jpg

たった今、自転車で日見を越えてきたばかりのこの足で、
果たして無事に辿り着けるのだろうか。

あわわわわ・・ぶくぶく。。。。。


To Be Continued ===========>>>
[PR]
by akaneyaa | 2014-04-27 20:57 | 長崎名所めぐり | Comments(0)
Sant poco os jorno (3)
←(2)はコチラ
=====================================

太り対策に始めた夜の散歩。

今までのコースはちょっと方向が偏ってたので、
今回は逆方向へ歩ってみよう!というわけで、
第3弾のコースはコレだ!!!
e0033751_17345365.jpg

前回、夜の写真も良いなぁと味をしめたので
今回もカメラ片手にレッツ・ラ・ゴウ!
(↑一歩間違うと完全に不審者なんだけど・・・)

あかねやのすぐ上の延命寺。
e0033751_17415021.jpg
長崎四国八十八ヶ所遍路のスタートでもあるのだ。
毎年春と秋に催されてるのだそうだ。(今年は4月3~6日と10月27~30日)

ココを左にしばらく行くと・・・

日本最古の黄檗禅宗の唐寺、興福寺だ。
e0033751_1756844.jpg
さすが観光名所だけあって、夜もライトアップされてるぜ。

夜道は暗くて怖いけど、ヅンヅン進んでいこう!
e0033751_1801992.jpg

暗くて分かんないけど深崇寺。
e0033751_1844860.jpg
美しい重層造りの鐘鼓楼だ。

先の突き当たりを右にカクンと曲がり坂を上ってくと・・・
e0033751_18102214.jpg

なにやらでかい石が!
e0033751_18105292.jpg

どうやら大正10年まではココに若宮神社の鳥居があったようだ。
e0033751_18133240.jpg

更にスッピョコスッピョコっと歩を進めると・・・
長崎遍路41番霊場の伊良林地蔵堂だ。
e0033751_1819402.jpg
ひょぉ~っ!!

で、その横にも、これまたドデかい石が。
e0033751_18203241.jpg
灣石(みかづきいし)だそうだ。
なんでも大昔に空から落ちてきて、真っ二つに割れた片割れなのだそうな。
(片割れは光源寺のそばにあるらしい)
眼病にご利益があるのだそうだ。

しかし、この道。
夜歩くと、なんか昭和にタイムスリップしたみたいだ。
(まあ昼間歩ったことないけど・・・)

おや?あの電柱の影に・・・
e0033751_1830248.jpg
ポ、ポポポポポポ・・・ポストだーっ!!!
e0033751_18304484.jpg
はぁ~、ヨカッタ。
オバケじゃあなくって。。。

・・・でもこんなレトロなポスト。
まさかホントに昭和にタイムスリップしたんじゃああるまいね。

急に不安になったけど・・・

よく見たらちゃんと安心する表記がしてあった。
e0033751_18333985.jpg
ほっ=3

でもって、ココがさっきの若宮神社の鳥居の現在地だ。
e0033751_18382480.jpg


更に、伊良林小学校の裏手を進んで行くと・・・
e0033751_18391111.jpg

で~た~で~た~月が~♪
e0033751_1840585.jpg
ちょうど英彦山の山頂脇から、まんまるなお月さんが出てきた。

その月を追うように、コッペコッペと歩っていくと、
またもや地蔵堂が!
e0033751_1843133.jpg
45番霊場の横向地蔵堂だ。
e0033751_18445696.jpg
脇のほうに横向地蔵の謂れがあるんだけど・・・
e0033751_18455920.jpg

なんかめっちゃ突っ込みたくなる物語だ。

まず、盗人。
謝るんだったら、盗んだ物返せよ!

そして地蔵。
見逃してんじゃあねーよ!!

そして、最後。
お調子者の盗人がペラペラと勝手に自分の悪事を語っただけなのに、
なんで「お地蔵様はお見通し」なんだよ!

と、口汚く突っ込んでしまいましたけど、
どうかバチは当てないでください。


そんなこんなで、スンポコスンポコ進んで行くと、
ロイホーロイホーフーガツッツッツー♪
のロイホの灯りが見えてきた。
e0033751_18535021.jpg

と、左手を見ると・・・
これまたなんか大掛かりな工事現場だ。
e0033751_18543956.jpg
マンションが建つのかな?

しっかし、旧あかねやもそうだけど、
消費税増税が決まってからコッチ、
こんな風に建て替え工事が至る所で目につくようになったなぁ。

とか言ってる間に、蛍茶屋のロイホ前に出てきた。
e0033751_18572989.jpg
やっぱ通りに出るとほっとするね。

では、新大工方面に下れ~っ!!

と、歩き出すとすぐに、何やらメッセージがかかれたノボリがはためいてた。
止まらずに見たのでうろ覚えだけど、
「子供達の太陽を奪わないで!」的なことが書いてあった。

歩きながら、ふと思い出した。
そういえば、以前浜ん町アーケード歩いてたら
保育園関係の方々が、
すぐそばに巨大マンションが建つと日が当たらなくなるってんで、
建設反対署名活動やっておられたなぁ。
もしかして、そのマンションってのがさっき見たやつで、
ノボリの立ってたところが保育園だったのかな?
(帰ってから、グーグルマップで確認したら確かに伊良林保育所があった)

建て替えもいいけど、こんな風に色んなところに影響が出てるのだなぁ。
(僕もトバッチリ受けた1人だし・・・)

更に進んで、さっきの伊良林小学校の表だ。
e0033751_1964650.jpg
へぇ~、ホタルが見れるのだね。
この小学校。

そしてもっと行くと、ちょうどあかねやの再開と入れ替わりに閉店した玉屋が現れた。
e0033751_1981363.jpg

さすがに夜見ると不気味だなぁ。
1階では、市場が継続営業中で、今月末には玉屋のスーパーが営業開始するそうだけど、
2階から上の部分ってこのまんまなのかなぁ?
e0033751_19112063.jpg


さてさて。
このコースも大詰めだ。

玉屋の先をカクッと曲がると、伊勢宮の前の通りだ。
e0033751_1913435.jpg
ココも、あかねや再開準備期間中はスンゴイ工事してたけど、
こんなにキレイに舗装されたのだね~。
歩き易くなったよ。

で、ずーっと行くと、
去年モヤさま2(モヤモヤさまぁ~ず2)のロケが来た
色んな自販機がある駐車場に来るんだけど・・・
(ココだけ1時間100円パーキング。周辺のチェーンパーキングは20分100円)
e0033751_19234641.jpg
e0033751_19242343.jpg

ココの激安自販機も・・・
e0033751_19251520.jpg
(左が50円、右が80円だった)

増税のため、値上りしてた。
e0033751_1926365.jpg
e0033751_19261981.jpg
まあ、そいでも安いけどね。。。

ちなみに、あかねやまでこっから約2分。

つーわけで、今回は40分くらい歩ったかな。

次はどこを歩こう。。。

[PR]
by akaneyaa | 2014-04-26 20:27 | 周辺のコト | Comments(1)
悪夢ちゃん
久々に映画の試写会が当たったので、
店を早終いして、観に行ってきた。

悪夢ちゃん the 夢ovie
e0033751_12483921.jpg
未来に起こる悪い事を予知夢として見ることができる少女「悪夢ちゃん」が
担任の先生やクラスメート、その他の人々と共に
その悪夢が現実にならないよう、いろいろがんばる話。
一昨年ドラマでやってたやつの映画版だ。

ドラマの時もそうだったけど、
断片的で抽象的な悪夢を手掛かりに話が進んでいくので、
結構とりとめがなくなりそうになりながら
見てる方もずーっとモジョモジョしてなければならない
オアズケ型ストーリーなのだ。

で、この映画の方も中盤過ぎまで
どんどんとりとめのない感じになってきたのだけれど・・・

いや~、終盤辺りから最後まで、ずーっと涙が止まらなくなってしまった。

前回観た、最初っから泣ける泣けると煽りまくってた割には
結局泣きそうになっただけで終わった「トリック」
とはえらい違いだ。
まさかこんなに泣けるとは思いもしなかった。
(まあ、ドラマの方も最後らへん結構泣かされたモンね・・・)

ところでこの映画の上映前。
隣の席のおばちゃんが、ずーっとぐうぐういびきをかいて寝てたので、
すっごい不安だったんだけど、
さすがに映画が始まったらちゃんと起きてくださったので、ほっとした。。。
[PR]
by akaneyaa | 2014-04-25 21:50 | テレビ・映画・ドラマ | Comments(0)
◆◆◆ お知らせ ◆◆◆
4月25日(金)は、抜き差しならぬ所用のため
夕方5時で閉店させていただきます。
大変勝手ではございますがご了承の程よろしくお願いいたします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓今日の日記はコチラ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
by akaneyaa | 2014-04-25 17:00 | あかねやのコト | Comments(0)
比べてみよう
先日、スーパーで買い物してたら、
愛食しているラ王濃熟とろ豚骨が新しくなってたので、
つい買って来てしまった。
e0033751_18433591.jpg
「お求めやすく」なったらしい。
e0033751_18443372.jpg

確かに、以前まで238円(税込)くらいだったのが、
198円(税抜き)で売られてた。(税込だと213円になるのかな)

文句通りお求めやすくなってんだけど、
いったいどうしてだーっ!?

早速食べてみたけど、いつも通りおいしかった。

つーわけで。
ちょうど先月食べて、プラゴミに出すため洗って置いといた
ラ王のカップがあるので比較してみた。

まずカップ。
e0033751_18505614.jpg
おお!高さが5㎜ほど低くなってる。
e0033751_18513891.jpg
これで若干のコストダウンだ。
(お湯の目安量も440mlから400mlになってた)

お次は原材料表示だ。
e0033751_12572517.jpg

めんは同じ。
スープは、オニオンパウダーがなくなり、代わり(?)に香味油、食塩、ねぎが追加されてる。
またJAS法で使用量の多い順に表記する事になってるから、
糖類が増量されてるようだ。(チキンエキスと小麦粉は減量されてるのかな?)
かやくからはキクラゲがなくなっている。(ねぎはスープへ移動)
あとは酒精(エチルアルコール:雑菌の増殖を抑制する)がなくなってるくらいだ。

内容量も116gから108gに減っていたけど、
めんを減らすと物足りなくなるためか、めんの量は同じだ。

ふ~ん。
でもスゲーなぁ。
たったこれだけで、1個当たり25円近くもコストダウンできるとは到底思えないけど。
(プラス増税分の原材料費高騰分も加味すれば更にキツイと思う)
味や食感、満足感を落とさないため、この辺りが最大限の工夫なのだろう。
(キクラゲがなくなったのはちょっと残念だけど)
その上で200円切る価格というのは、増税による負担感を減らすために
目標値としてコストダウン検討前に与えられた命題だったのだろう。
担当の技術者は相当大変だったろうなぁ。。。

そして、そのおかげで、
e0033751_1919513.jpg

塩分は1.5g、カロリーは20kcalも減って
ややヘルシーにもなってるんだけど、
コレも意図してのことなのだろうか。

あとついでに、「厚切焼豚入り」が強調され、
“日清”のロゴがなんかスッキリなってた。
e0033751_19242224.jpg

[PR]
by akaneyaa | 2014-04-23 20:34 | 食べ物 | Comments(1)
星新一にふれて
♪ショートショートね~ 私の恋は~ いつも~♪
と、チャゲが歌うこの歌の歌詞にも影響を及ぼしてるのかどうかは知らないけれど、
ショートショートという超短編小説のジャンルを日本に広めた
星新一というSF作家をこの前初めて知った。

ちょうど常連さんとSF的な話のアイデアを話した時、
「あ、そのアイデア、星新一の小説にありそうですね。」
と、言われたのがきっかけだ。

1997年に他界されるまでに
1001編ものショートショートストーリーを世に出したのだというから驚きだ。

つーわけで。
早速先日、市立図書館で星新一の本を借りてきた。

で、読んでみたら・・・

あう~。
僕っていつもこうだよ。
大体決まってスタートはイレギュラーからなんだよな~。

どっからでもいいから、とにかく星新一を読もうと思って、
本棚にならんでる本の中から、無作為に選んできたこの本。
小説じゃあなくって、星新一のエッセイ集だったのだーっ!!!
「できそこない博物館」
というタイトルだ。

なんでこうなるかな~。
僕はいつも必ず間違いを選ぶ人生を送っている。

と、ボヤいてみてもしょうがない。

せっかくなので読んでみた。
するとどうだろう。
かなり面白かった。

星新一の20年以上に及ぶ作家活動の影で生み出された
創作メモの中から155編。
これを作者本人が公開しながらその時の思考や、
なぜそれらが小説にならずに埋もれたままだったか
それぞれのメモに対する客観的な考察を交え、
どんな風に小説を書いていたかを綴ったエッセイ集なのだ。
“ショートショートの神様”と言われた星新一の
苦悩や小説作法が垣間見れるスバラシイエッセイ集なのだ。

かえってヨカッタかもしれない。

この本に公開されている
世に出なかったアイデアのカケラたちだけでも
結構面白いと思うのに、
実際の小説の方は一体どんなに面白いのだろう?
と、期待が膨らんだ。
小説を読んでいく上で、星新一の気持ちも僅かばかり汲み取りながら
楽しめそうな予感がする。

つーわけで。
次回はちゃんと小説を借りてこようっと!
[PR]
by akaneyaa | 2014-04-22 21:07 | 自分のコト | Comments(1)
つぼみが!
この前もさんっとし始めた桃の木。
あれから10日余りで、もっそんとなってしまった。
e0033751_18262385.jpg

で、その横でつぼみが現れ始めたせんだんの木。
今日見てみたら、
e0033751_18281231.jpg
つぼみの中から青いのが見え始めてた~っ!!
e0033751_18285418.jpg

こりゃもしかして、去年よりも若干早く花が咲くかな?

・・・あと、いちごのランナーも伸びてきたんだけど、
e0033751_18301333.jpg
どっか着地点作ってやんないとなぁ。。。

[PR]
by akaneyaa | 2014-04-21 20:16 | 植物 | Comments(0)