あかねやん国
akaneyaa.exblog.jp
ブログトップ
<   2015年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧
モイモイ
昨日今日と、続けてフィンランドからのお客さんが
モーニングでいらっしゃったので、
相変わらず僕の拙いインチキ英語で接客してたのだけど・・・

ふと気付いた事がある。

今まで来られてた外国人のお客さんは、
たいがいみんな、僕のインチキ英語に配慮してか、
かなりゆっくりハッキリそして笑顔でしゃべってくださってたのだけど、
今回のお客さんは、口角も上げず、口の中でゴニョゴニョッと早口でしゃべられるのだ。

ただでさえ、英語の聞き取り下手くそ(ていうか日本語も結構聞き間違える・・)な上に
そんな感じだもんだから、ほとんどなんて言ってるかわかんなかった。

で、もしや!?

と思い、昨日お客さんが帰られた後に、
昔から地理に疎い僕は、フィンランドってどこじゃい!
とばかりに、手持ちの世界地図帳を広げてみたら、
やはり!
めっちゃ寒い国だった!!
それも北極のすぐそばじゃあないか~っ!!!
(しかもサンタとムーミンの国だとは・・・)

で、なんで
やはり!
だったかというと・・・

今を遡る事、25年程前。

当時、高専生だった僕は、
日立に会社実習に行ったのだけど、
そこで一緒に実習受けた他の高専生の中に、
山形高専から来た男がいたのだ。

で、色々仲良くなってお互い地元の話をしてた時、
彼が言うには、東北は寒いからみんなあまり
口を開けてモノを言わないのだそうだ。
口角もほとんど上げずにしゃべるのだそうだ。

そうなのだ!
フィンランドのお客さんと全く一緒なのだ~っ!!!
(というコトを思い出したのだ)

いや~。
勉強になったなぁ。
やはり寒い地域の人の事情は万国共通なのだなぁ。。。

ちなみに、更に山形の彼が言うには、
だから方言もあまり口を開けずに済むよう、
必要最小限の発音で通じるようになってるのだそうだ。

例にあげられたのが、
A「どうぞお召し上がりください。」
B「はい、いただきます。」

山形弁だと
A「け」
B「く」
で済むのだというから、
当時、スゴク驚いたものだ。
こんなに画期的かつ合理的な言語があるとは!

で、今日初めて知ったけど、
フィンランドの「バイバイ」って「モイモイ」と言うのだそうだ。
山形弁ほどではないけど、コレもやはり口をほとんど開けずに発音できるから、
そんなところも結構似てるのかもしれないなぁ。

一度行ってみたいものだ。フィンランド。。。

[PR]
by akaneyaa | 2015-09-30 20:31 | あかねやのコト | Comments(0)
ひょうたん(3)
←(2)はコチラ
==============================

あの戦慄の昼下がりの翌日。

次の定休日までハイターに浸けたままにしておこうと思ったのだけど、
新聞の週間天気予報見たら、
月曜くらいから天気が下り坂になってるじゃあないか~!

つーわけで。
もう早速、朝っぱらから干す事にした。

先日100均で買ってきておいた竹串を・・・
e0033751_1705211.jpg

空きダンボール箱に突き刺して・・・
e0033751_1705376.jpg
プスプスプスプスプスプスプスプス・・・や~っ!=3
e0033751_1705363.jpg

でもって、例によって日当りの良い隣の駐車場に持ってって、
風にとばされぬよう重石を中に置いて・・・
e0033751_1705471.jpg

ひょうたんを干した!
e0033751_1705427.jpg
・・・んだけど、やはりダンボール1箱じゃあじぇんじぇん足らなかったので、
結局残りはコンテナに逆さに置いて乾かした。
e0033751_10374385.jpg

で、途中竹串組とコンテナ組を入れ替えて更に干し
昼過ぎに回収した。

くんくんくん・・・

臭いをかずんでみたけど、
結構抜けたっぽいぞ。

まだ完全に乾ききってないのも結構あるので、
翌日乾かす事にして、とりあえず店の中に持って帰った。

するとどうだろう!?

ク、クサイ!クサイよ~っ!!!=3

店の中に持って入った途端、店中がウ○コ臭くなってしまったのだ~!!!
(さっきは外だったから、臭いが減ったように錯覚しただけだったのだ・・・)
ひ、ひぇ~!

こ、これはいかん。
大慌てで、隣のガレージの隅っこに持ってった。
e0033751_1705598.jpg
はーはーはー・・・なんちゅう恐ろしい物体なのだ。
ひょうたんというものは。

でもって、夕方。
再びガレージのひょうたんの様子を見に行ってみたら・・・
e0033751_177589.jpg
ぐはぁ~!!!
ガレージ中、ウ○コぽい臭で充満してるじゃあないか~!!!!!

な、なんちゅう凄まじいポテンシャル・クサジーだ。

こうなったら奥の手だ!

そう!僕は知っている。
コーヒー豆のカスが絶大な脱臭効果を持っていることを。
だってコーヒー屋ですもの。
(くどいようですがうちはカレー屋ではありません!)

焙煎を経たコーヒー豆は、中の水分や有機物が燃える事により、
微細な空洞がビッシリとできるので、
活性炭と同様の効果が得られるのだ。
(もちろんカスでも効果は同じ)

つーわけで。
常に店で使用済みのコーヒー豆カスを炒って乾かして、
保管してあるので、それを引っ張り出してきた。
e0033751_170565.jpg
それをせっせと、ひょうたんの中に詰め込んで・・・
e0033751_1705751.jpg

ふぅ。
コレで翌日まで置いとってみよう。
e0033751_1705795.jpg

ちなみに、コーヒー豆カスの脱臭効果もさることながら、
豆カス自体もコーヒーの良い香りを放っているので、
すでにこの時点で、ずいぶんと臭さが和らいでいた。

コレは期待できそうだぞ!
いざ!ひょうたんvsコーヒー豆カス!!


To Be Continued =>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
[PR]
by akaneyaa | 2015-09-29 20:50 | 図画・工作 | Comments(2)
密かな楽しみが・・・
先日のあかねや定休日。

例によって畑の様子を見に行ってみた。
e0033751_16121757.jpg

おひょー。
すぐ草が伸びてくるなぁ。
e0033751_16121769.jpg
おまけにサトイモの葉っぱがひょろ長く伸び過ぎて、倒れまくってるじゃあないか。

とはいえ。
この日は時津に買い物に行かねばならなかったので、
またアチョー刈りをして、サトイモの葉っぱの枯れたヤツとかも
ちょん切るだけで済ませた。
e0033751_16121884.jpg


で、作業も終わり、帰りしなにふと柿の木を見てみると・・・
e0033751_16121864.jpg
なんちゅうことだ。
今年は1個たりとも柿の実がなってないじゃあないか~!=3
e0033751_16121998.jpg

毎年、密かに楽しみにしていたのに。
はー残念。

今年は裏年だったのだなぁ。。。

その分、サトイモに期待しておこうっと。

[PR]
by akaneyaa | 2015-09-28 20:57 | 農業 | Comments(0)
南へ!(7)
←(6)はコチラ
=================================

ぐふぅ~・・ぐはぁ~・・・
ひーどうしよう。
景色はスゴイ良いんだけど、
僕の心の中にはどんよりと暗雲が立ち込めていた。
e0033751_19285880.jpg

大ウナギ井戸を後にした僕は、
体力も回復した(ように感じた)のも手伝って、
颯爽と灯台に向かったのだけど・・・
市街地(?)を抜けると早速、
割と急な上りが僕の行く手に立ち塞がったのだ!

とはいえ、僕も調子づいてたので、
そのまま勢いで、ぐいっとその坂を駆け上がったら、
なんと!ものの数mでまた、ももがツったのだ~っ!!

一応、ギヤも一番軽いのに落としてみたのだけど、
とてもとてもペダルを踏める状態じゃあない。

なんとも情けないことだ。

しょうがないので、結局押しチャリで灯台へと臨んだのだけれど・・・

まさか灯台に着くまでに
こんなに坂を上らねばならないなんて。
スッカリなめてかかってた。

大ウナギ井戸を出てから、
ココまで大した道のりでもないのに、
もう既に20分以上もかかってる。
(あの案内板によると灯台まで約2㎞・・・)

こんな調子じゃあ、帰るどころか、
灯台に着くまでに日が暮れてしまうんじゃあないだろうか?

ひーひー言いながら、押しチャリで坂を上がっていった。
e0033751_19285921.jpg

ふうふうはあはあ・・・

さっきのトコからココまで約5分か。
自転車に乗ってれば、1分かかんない道のりなのに。。。
e0033751_1929031.jpg

とはいえ。
こんなトコでグジグジ言っててもしょうがない。
コツコツススメ~=3=3=3

ぶうぶうぶふぅ~・・・・・

よ、ようやく着いた。
(結局30分もかかってしまった)
ココが樺島灯台公園か~。
e0033751_1929076.jpg

地下ダムとかいうヒジョーに興味をそそるものもあるぞ。

ま、とりあえず。
灯台へレッツ・ラ・GO!
e0033751_1929132.jpg

・・・うぐ。
コレッポチの階段ですら、結構ももにひびいてきてる。。。
e0033751_1929137.jpg
ダイジョウブかな・・・

・・・ふうふう、はあはあ・・・・・
わ~。
結構大きな灯台だなぁ。
e0033751_1929127.jpg

なんでも昭和7年7月1日に点灯開始したそうだ。
でもって、駐在員が2人常駐してたのだけど、
僕が生まれる約2ヶ月前に無人化されたのだそうだ。

その灯台のすぐ脇には、伊王島灯台と同様、
駐在員の旧退息所が資料館として解放されている。

ほいじゃあ、ちょっとお邪魔しま~すよっと。

ふんふんふ~ん。
かなりたくさんの資料が展示されている。
(ちなみに、デジカメのメモリーとバッテリーが
 ほとんど切れかかってるので、こっから写真節約モード)

テレレっと一通り見て、資料館を出ると、
今度は更に海側の方へ行ってみた。

おお!
あそこに展望台があるぞ。
上ってみよう。
e0033751_1929284.jpg

うふわ~。なんもねー。
さすが長崎半島の最南端。
こっから向こうは海しか見えないよ。
e0033751_1929319.jpg

・・・おや?向こうの方にも展望台があるぞ。

下展望台まで徒歩5分だそうですよ。
e0033751_1929429.jpg

ちょうど今しがた、車で景色を眺めに来られたおじさんと
仲良くなったので、誘ってみたけど、

「いやいや、徒歩5分って簡単に書いてるけど、
 ずーっとあそこまで下らんばいかんから、
 帰りの上りが大変だよ。この暑い中、
 あんなトコ行ったら、熱中症になるから
 私は遠慮しとくよ。」

つーわけで。
僕1人で下展望台へ向かってみた。
e0033751_1929480.jpg
ちなみに、さっきのおじさんによると、
ココ樺島灯台公園は桜の名所らしく、
春が一番見応えがあるのだそうだ。

ま、来年の春。
余力があったらまた来てみようかね。
e0033751_192956.jpg
つーか、ホント結構下るなぁ。。。
e0033751_1929564.jpg

お!向こうの方に見える階段の上が下展望台かな?
e0033751_1929627.jpg

ギラギラ太陽の下。
ココに来るまでに、飲み物も飲み干してしまったので、
やや脱水気味になりながら、
フラフラと進んで行ったのだけど・・・

グガッ!?

も、ももが~っ!!
またツったー!!!

あと10段ほど階段を上れば、
下展望台というところで、
またもやももがツったのだ。

なんちゅうことだ。
もはや、徒歩でさえもキビしくなってしまったじゃあないか。
しかも、今度は身動き取れないほどひどい。

こ、こんなところで、身動き取れなくなってどうすんだよ。

上にも下にも行けず、おまけに日陰もないこんなところで動けなくなったら、
間違いなく干からびてしまうじゃあないか。

ぐぅうぅぅぅ。。。。。

マッサージしても何しても効きやしない。
とはいえ、ホントこのままだと命に関わる状況だ。

ぅぐぎぎぎぃいいい・・・動け~・・・・・・

必死になって、両手で片膝ずつ持ち上げながら、
一段一段階段を上り・・・・・

ぐは~!!!
なんとか、なんとかかんとか、下展望台に着いた。
e0033751_1929853.jpg

向こうの方には、案内板で見た地下ダム(たぶん)が見える。
でも、さすがに今回あそこまで行くのは無理だな。。。

つーか、灯台まで戻れるのだろうか?

灯台の方を振り返ってみると、徒歩5分が途方もなく遠く感じられる。
e0033751_19291147.jpg

ともかく。
まずは、足の回復が先だ。

当然、この展望台も日除けも何もなく、
例えるなら海に突き出した天然のフライパンみたいな場所だ。
(形もそんな感じ・・・)

そんなフライパンの上に寝そべって、
足の回復を待った。

・・・・・ジリジリジリ・・・・・

あ、暑い・・いや、熱い~っ!!!

こりゃ、灼け死ぬのが早いか、
足の回復が早いか・・・

足全体の脱力をしながら、なおかつ意識をももに集め、
一心不乱に治るよう念じた。

するとどうだろう?

なんとか立って歩けるまでに回復したではないか~っ!

もしかして、このフライパンに寝そべったおかげで、
岩盤浴効果が得られたのではないだろうか!?

ともかく。
こんな危険な場所からは一刻も早く去らねば!

よたよたしながら、元来た道を戻った。

そいえば、さっきのおじさん。
辞退してくれて良かったなぁ。
もし一緒に来てたら、
こんなみっともない姿見られちゃうトコだったよ。。。

そんなコトを考えながら、最初下りてきた長い階段に差し掛かった。

で、数段上りかけたところで・・・
なんと!またももがツった~!!

幸い、ココは木々に囲まれてるから、
直射日光は避けられるものの、
さあどうしよう。

・・・!

そ、そうだ。
いつも同じ筋肉を使うから、ツるんだ。
チガウ筋肉を使えば良いんだ!!

つーことは~・・・カニ歩きだーっ!!!

あ、ほーれ、ワンツー・ワンツー・・・

3段上るごとに右、左と向きを変えながら
カニ歩き戦法で、なんとかかんとか、
最初の展望台まで戻ってきた。

ココなら日陰もあるし、ベンチもある。

とりあえず、ベンチに座って呼吸を整えた。

そして、ベンチでジャイロトニックの
ホームワークを実践した!
久しくサボってたけど、多少なりとも効果はあるはずだ。

そう信じて、かなり念入りにやった。

その甲斐あってか、なんとか歩けるようになった。

そして、フラフラと自転車のトコまで戻り、
なんとかかんとか、サドルにまたがった。

帰りはほとんど下りだから、コレで何とか下まで戻れるぜ~。

と、ホッとしたのも束の間。

当然下りばかりではなく、多少の上りもあるので、
そこで押しチャリしようとすると、
もうそれだけでツるようになってしまったのだ。

なんちゅうことだ。

そいでもなんとか、自転車に寄っかかるようにしながら押して上り、
最初苦しんだ上り坂をシャーっと下って、
市街地へホウホウの体で戻ってきた。
(15分くらいかかった)
e0033751_19291251.jpg


さあしかし。
どうしよう。

あかねやからココまでの道のりを思い出すと、
青ざめてしまった。

・・・一応、この自転車、折りたたみ式だから、
最悪の場合、折りたたんでバスに乗って帰るしかないな。

ぐぐぅ・・・

お!腹が鳴った。


To Be Continued =>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

[PR]
by akaneyaa | 2015-09-26 21:38 | 長崎名所めぐり | Comments(0)
お値打ちだったけど・・・
昨日のあかねや定休日。
時津の食材センターに買い物に行かねばならなかったので、
朝っぱらから自転車こいで出かけて行ったのだけど・・・

途中ふと、この前動かなくなったモニターの代わりに使ってる
オンボロモニター
のコトを思い出した。

我慢して使ってはいるけど、さすがにコレじゃあ、
ものすごく使いづらいし、使えば使うほどストレス溜まっちゃうもんね。
e0033751_15581278.jpg
つーわけで。
時津のパソコン工房に何かお値打ち品が出てないか見に寄ってみた。

するとどうだろう!
なんか、中古品のセールやってて、ただでさえ安い中古品が
更に安く売ってるではないか~っ!!!

もちろん液晶ディスプレイモニターも例外ではない。
17インチが4000円弱で売ってたのだ!

コリャ買うっきゃナイト!

つーわけで。
食材センターやら何やらの買い物を済ませ、
帰りがけに再びパソコン工房へ。
店員さんにモニターの電源入れて画面を見せてもらい、
付属品も見せてもらった。
結構な美品だったので、迷わず購入!

・・・さて。

問題は、どうやって自転車で持って帰るかだ。
僕の自転車、前にも後ろにも荷台とかついてないので、
担いで帰るしかないのだけど、
モニターの梱包箱もかなり大きくてかさばるのだ。
(おまけに買い物入れたリュックも背負ってるし・・・)

とりあえず、
店員さんに言って、背負える感じに梱包バンドをかけてもらい、
背負ってみて大丈夫そうか見てもらった。

店員「まあスッポ抜けなければ大丈夫と思いますけど・・・」

かなり不安そうな面持ちだったけど、
とりあえず後は自分で何とかしよう!

と、店を後にした。

で、まず試したのは・・・

背中にモニターを背負って、リュックは前側に背負う・・いや、腹負う戦法だ。

やってみると、かなり動きが不自由だ。
まるでゆるキャラの着ぐるみでも着てるような気分だ。
(まあ着たことないけど・・・)
この状態で、ゆっくりと自転車にまたがってみると・・・

あまりの不自由さに、危うく立ちゴケしてしまいそうになったけど、
なんとか持ちこたえてペダルを踏んだ。

ギ・・・ギー・・コ・・・ギーコ、ギーコ・・・・・

なんとかこげる。
ただ、前に腹負ったリュックが膝に当たるので、
すんごいガニマタでこがなきゃなんないんだけど・・・

おまけに、数メートルこいだら、すぐにリュックがずり落ちるのだ。
ただでさえ、なで肩で引っ掛かりにくいのに、
こんな体勢じゃあ、1分も持たない。

つーわけで。
この作戦は没。

次に考えたのが、背負ったモニターの箱の上にリュックを載せる作戦だ!
もちろん載せただけではリュックが落ちちゃうので、
肩ベルトに腕は通した状態で、無理矢理載っけるのだ。

やってみると、かなり肩が上に引っ張られて、ジャミラ状態というか、
吊られた操り人形みたいな格好になってしまい、
かなり腕の動きが制限されてしまうのだけど、さっきのよりはマシだ。

つーわけで。
これでしばらく進んでみた。

だが、打坂のフォルクスワーゲンの前辺りで、
リュックが箱の上から左側にずり落ちてしまい、
ヒジョーに危険な体勢になってしまった。
なんていうか、体がよじれて、ヘゲェ~って感じだ。

分かりやすく言うと、
カサンドラのウイグル獄長がケンシロウによって
墓穴に押し込まれた時のような体勢だ。

そいえば、16~7年前、N島さんと北アルプスに登った時も、
剣岳のカニの横ばいで、同様の体勢になり危うく死にかけたことがあった。

つーわけで。
この作戦も没。

で、今度は、リュックの肩ベルトを最大限まで伸ばして、
モニターの箱の更に背面に背負うという荒業に挑戦してみた。

するとどうだろう。
今までの作戦の中で一番安定するではないか。

つーわけで。
この作戦で、なんとか帰って来たものの、
途中、左右にはみ出た箱が電柱にぶつかったりして、
これでもかなり危険ではあったのだ。

おまけに、梱包バンドが肩に食い込んでたので、
夜風呂で見たら、脇から肩に掛けてめっちゃ血が滲んでたもんね。
e0033751_15483099.jpg
まあでも、その甲斐あって、
画面が快適に見れるようにはなったから、
ヨシとしておこう!

これで、今まで滞ってた作業が捗るぜ~っ!!

[PR]
by akaneyaa | 2015-09-25 21:49 | 買い物 | Comments(0)
CMのアレ
最近もやってるのか知らないけれど、
以前僕がテレビ持ってた頃、テレビCMでよく見かけてた
アレを折ってみた。

そう。アレだ。
眼鏡屋さんのCMのアレだーっ!!!
e0033751_112279.jpg
メガネ。

もちろん、図書館から借りてきた本見ながら折ったんだけど、
この本書かれた作家さんは、長崎出身の方なのだ。
(何冊かこの作家さんの本が図書館にあるんだけど、
 ドレもコレも他の作家さんのとは一味違った
 かなり面白い作品ばかり載っている)

きっと、そういう縁であのCMに作品を提供されたのだろう。

あかねやに置いてある老眼鏡と並べてみても・・・

うん。馴染む馴染む。
e0033751_1127280.jpg

結構ムズいけど、また折ってみようっと!
[PR]
by akaneyaa | 2015-09-23 20:35 | 図画・工作 | Comments(0)
tansan
あかねやで出してるスカッシュ類を作るときに使ってる炭酸水。
余りが出たら、たいがいは自分で飲んでるんだけど・・・

先日、晩ご飯のざるそばで、
試しにその余った炭酸水でめんつゆ割ってみたら、
なんと!練りわさびの利きがえらいよくなった。

あのスーパーで100円くらいで売ってる
チューブの練りわさびがだ!

めんつゆに溶くと、いつもぼんやりとした利きになってしまう
あのチューブ入りの練りわさびがだ!

ひゃ~。スゴイなぁ。
炭酸水って。
大発見だ。

他にも水の代わりに使ってみたら何か変わるのかな?

機会があるごとに試してみよう。

・・・しかし、もう涼しくなって炭酸水の需要も減ったからなぁ。
夏に気付けばよかった。。。

[PR]
by akaneyaa | 2015-09-21 21:08 | 食べ物 | Comments(2)
ひょうたん(2)
←(1)はコチラ
==============================

つーわけで。
ひょうたんのわた出しに挑むのだけど、
まずは、わた出し器を作らねばならない。

ちょうど、使えなくなった突っ張り棒の中のばねがあったので、
これを利用しよう!
e0033751_13535285.jpg
(コレ結構便利なので捨てずにとってあるのだ)

コレを、適当なトコまで伸ばしてやって・・・
e0033751_13571379.jpg
(バネ材って、伸ばすのにめっちゃ力要るんだよね~・・・)

コンニャロコンニャロコンナロコンナロコナロコナロ・・・

ふぅ=3
ま、こんなトコでいいかな。
e0033751_13594948.jpg
(手の皮がズルむけてしまった・・・)

テキトーに形を整えて、出来上がり!
e0033751_1422648.jpg

ほいじゃ、表に出て、作業にかかりますか。

前のそば屋の遺品のコンテナと、
前のあかねやで使ってたカーテンを用意して・・・
e0033751_1714013.jpg
コンテナにカーテンを載せて、側溝の網フタの上に設置!
e0033751_17153561.jpg
この上で作業すれば、側溝には水分だけが落ちていくっつースンポーだ。

それでは。
ガレージの片隅にたたずむひょうたんを、
悠久の眠りから解き放つとしよう!
e0033751_17202997.jpg
ドックン・・ドックン・・ドックン・・・・・
e0033751_17232660.jpg
不思議だ。
このふたの中から、これから未曾有の災厄(悪臭)が飛び出すかもしれないのに、
なぜか心の中は静かだ。

これなら、どんな災厄が襲いかかろうと、
きっと乗り越えられそうな心持ちだ。

よし。時は満ちた。
「アバカム!」
e0033751_17325479.jpg

・・・クンクンクン・・・・

あれ?
期待・・いや、心配したほど臭くない。
まあ所詮ウリだもんね。
ウリの漬物を更に醗酵させた感じの臭いだ。

この程度なら、近所迷惑にもなるまい。

とりあえず、数個ひょうたんを出してみた。
e0033751_17365951.jpg
わー。醗酵した白い何かをまとっているよ。
e0033751_1738795.jpg
この白い何かは、ひょうたんの一番外の薄皮と共に
簡単にズルリと剥くことができるようだ。

つーわけで。
ポリ容器の中でジャブジャブ剥いて、
e0033751_17413388.jpg
さっき作ったわた出し器で、この前空けた口からわたをほじくってみた。

するとどうだろう!

ちっともわたが出てこないじゃあないか!
ひょうたんを振ってみると、中でジャブジャブ音がする。
バッチリわたが腐ってる証拠だ。

まあ、最初穴明け作業してる時から、
うす~く心配してたんだけど、
やっぱり、種が引っ掛かって出て来れないのだ!

だよね~。
ひょうたん割って種見たとき、
結構でかい種で、しかもいっぱい詰ってたから、
こんなん出てこれるの?
と思いつつも、きっと腐らかせてしまえば、
種も溶けて出てくるんだろう
くらいに思ってたんだけど、
やはり甘かった。

種はシッカリ硬いままだ。

しょうがない。
ひょうたんの特徴的な形状を損なう事になるが、
口をカットするしかない!

つーわけで。
手頃な帯のこ(金切り用)を引っ張り出してきて、
口を1~2㎝ほどカットしてみた。

すると・・・
ドボドボドボドボ~・・・・・

わーい。出た出た。

しかし・・・うっ!?ク、クサイ!!

めっちゃ悪臭を放ちながらわたが出てきた。

やっぱそうだよね~。
そんなムシのイイ話があるわけないんだよね~。
思わずひるんでしまうほどの悪臭だ。

・・・とは言え、もはや後には引けぬ。

いや、引かぬ!媚びぬ!!省みぬ~!!!

聖帝様の名言に勇気をもらい、
再びひょうたんと対峙した!!!

ちなみに皮むいて、わたを出すと、こんなにキレイになる。
e0033751_18383438.jpg
(めっちゃクサイけど・・・)
e0033751_18393299.jpg

よし。もたもたしてたら日が暮れちゃう。
リズム良く・・・ドリャーっ!!!
皮むき→口切り→わた出し→すすぎ
皮むき→口切り→わた出し→すすぎ
皮むき→口切り→わた出し→すすぎ
皮むき→口切り→わた出し→すすぎ
皮むき→口切り→わた出し→すすぎ
皮むき→口切り→わた出し→すすぎ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・・
・・・
・・
・・
・・



う~。結構時間食うなぁ。。。
1時間かかって、まだこいだけ・・・
e0033751_18455746.jpg
道行く人々も臭がっておられるし。
(僕はマスク装着してるけど・・・)
ハリーアップ!ハリーアップ!!

そんなこんなで、
モクモクモクモクモクモクモクモクと作業を進め、
ようやく終盤に差し掛かった頃、
近所の新聞販売店のおばちゃんがやって来られた。
「なんかずーっと変な臭いがすると思ったら、ココね!?」

そう!新聞販売店は、ちょうど風下にあるのだ。

本当に申し訳ありません。
もう少ししたら済みますから。

つーわけで。更にスピードアップ!=3=3=3

エホエホエホエホエホエホエホエホ・・・=3=3=3

あと少しだ~っ!!!

10分くらい経ったところで、
またさっきのおばちゃんが来られた。
「スゴククサイよ。トイレみたいな臭いがするよ。」

そうなのだ。
僕は悪臭としか書いてないし、
おばちゃんは遠回しにトイレみたいな臭いとおっしゃったけど、
ハッキリ言ってウ○コみたいな臭いなのだ~!!!

ひー。本当に申し訳ありません。申し訳ありません。
もう、ホント、あとちょっとで終わりますから。
ほんなこてすみません。

平謝りに謝って、
ラストスパートBダッシュ!!=3

ふ~い。なんとか全部わた出したぜ~。。。
e0033751_196574.jpg
(わたと種の量がハンパねー・・・)

しかし、さて。
これどうしよう。
わた出しても、ひょうたん自体にも腐れ液が染み込んでるから、
本体もクサイ。

一応、ひょうたんの本によると、
この後、ひょうたんの中にハイターを薄めたのを入れて、
栓をして、更にそれを真水の中に入れて
一週間ほどアク抜きをすると臭いがとれるのだそうだ。
ひょうたんの外側には決してハイターをつけてはいけないらしい。
(何でか理由は書いてなかったけど・・・)

んなコト言われてもなぁ。
そんな40個分も栓になるようなものなんてないし・・・。

まあ、半分読まなかったことにして、
ハイターをチョー薄めた液体を、ひょうたんに入れて、
e0033751_19144297.jpg
栓をせずに、ポリ容器自体も水で満たしてやった。
e0033751_19155857.jpg
きっと比重が違うから、そんなに全体には混ざらないだろうという
ムシのイイ発想で。。。

つーわけで。
戦慄の昼下がりを過ごした僕は、
わたをカーテンごとくるんで、ごみ袋に入れ(翌日がゴミの日)
汚水のかかったところや、コンテナやらバケツやらその他道具類を
ハイターを薄めた水で洗って、乾かしてるうちに、
あっという間に夕方を迎えてしまった。

精神的にも肉体的にも、めっちゃ疲れた~。。。


To Be Continued =>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
[PR]
by akaneyaa | 2015-09-20 20:44 | 図画・工作 | Comments(0)
南へ!(6)
←(5)はコチラ
=================================

つーわけで。

再び修羅道へ戻り、みゅーんと進んでいくと、
ほどなく分かれ道の案内板が!
e0033751_21374867.jpg
もちろん、迷うことなく樺島へ右折!

うは~。ハイビスカスが咲いてるよ~。
e0033751_21391474.jpg

そりゃそうだよな~。
長崎市内では、最南端の町だもんね。樺島は。
e0033751_21383878.jpg
パラダイス南国!

観音寺での休憩とハイビスカスパワーで
元気を取り戻した僕は、弁天山を横目に進んで行くと
e0033751_21404623.jpg
(さすがに寄る余力は無い・・)
e0033751_21411879.jpg


わー!とうとう樺島大橋が見えてきた~!!
e0033751_21415920.jpg
ヨッシャ行ったれ~っ!=3=3=3

と、勢いづいたのもほんの数秒。

・・・うがっ!? うがががが~っ!!!
あっちゅう間にももツり地獄だ。

慌てて、干し梅を口にするも、
なーんの効果もみられない。

結局、橋までの坂道をこぐ事ができず、
押しチャリでなんとかしのいだ。
(つっても歩くのもままならないくらい痛かったんだけど・・・)

しかしまあ、樺島大橋。
e0033751_21431531.jpg
久々だなぁ。

最後に渡ったのって、確かアジゴ釣りに来た時だから
もうかれこれ20年前になるよ。

・・・アジゴってさあ、めっちゃ釣れるんだよね~。

あん時もホイホイ釣れるもんだから、
一緒に行ったみんな、面白がってどんどん釣るんだけど、
釣るだけ釣った挙句、だーれも持って帰りやがらないものだから
結局僕が引き受けて、寮に帰って一晩中
腸取って、手開きして、1尾1尾冷凍したんだもんね。
(その数、およそ300尾!)

それからしばらくの間、
おかずがひたすらアジばっかだったもんなぁ。。。

そんな生臭い思い出を振り切るように、
ツったももでペダルを踏み込んだ。
e0033751_21443755.jpg

ひぃ~。。。

橋はほぼ平坦なんだけど、
それでもこのツりまくったももには堪える。
橋を渡り切り、下り坂で足を休めながら、
なんとかかんんとか、樺島に到着!
e0033751_21461532.jpg

・・・しかし・・本当に僕は帰れるのだろうか。
またこの橋渡んなきゃなんないのに・・・

ブルブルブル=3

もうココまで来てそんな心配しても始まんない。
前へススメ~っ!!!
e0033751_21465021.jpg

しばらく進むと、島の案内板があった!
e0033751_21471490.jpg
ほうほう・・ふぅ~ん。
e0033751_21473266.jpg

・・・そうだなぁ。
せっかく来たんだから大ウナギも見ていこう!

案内図の通りに進むと、
e0033751_21483375.jpg

大ウナギ井戸の案内板が出てきた!
e0033751_2149418.jpg

でもって、更にその案内板に従って進むと・・・

わーい。着いた~!
e0033751_21494487.jpg
ねこが隅っこで暑さにくたばってるぜ~!

ちなみに、ココに来る途中の看板に
「樺島のねこは車が来てもどかないので、
 車から降りて、ねこをどかしてから通ってください」
という内容のメッセージが書かれていた。

確かに、道々で寝そべってるねこ達。
自転車ですぐそばを通過しても、
何の関心も示さず、クテ~とねころがってたもんね。

あかねや周辺のねこもたいがいだけど、
樺島のねこもたいがいだなぁ。
機会があれば、ねころがり対決をさせたいものだ。

おっとと。
ウナギウナギ。

そーっと井戸を覗いて見てみると・・・
e0033751_2152122.jpg
う~ん。なんも見えないや。。。
e0033751_2152337.jpg

大ウナギの説明を見てみると・・・
e0033751_21541732.jpg

今まで一番でかいのは体長1.8mもあったのか~。
ス・ゲー!

おや、向かいの小屋に水槽があるぞ!

中に入って水槽を見てみたけど・・・
なーんだ。なんも入ってナイジャン=3
e0033751_21545217.jpg

と思って水槽に近づくと、
いきなりパッと電気がついた!!
センサー式だったのだね。
思いの外ハイテク~!

で、その明るくなった水槽の中には・・・
e0033751_21552720.jpg
イ・ター!!!大ウナギだ~っ!!!!!
e0033751_21561135.jpg

めっちゃデ・ケー!
そして、顔!!
ウナギの顔ってマジマジと見たことなかったけど、
こんな顔してるんだ~。
e0033751_21564965.jpg

(こうして見ると、あのウナギイヌの顔って結構本物に忠実だったのだなぁ・・・)

しかし・・・こんな顔されると、捌いて食べる気がしないなぁ。。。

そいえば、一番最後にウナギ食べたのって、
もう6年も前になるのか~。。。

懐かしいウナギの味を一所懸命思い出しながら
ふと、水槽の上のプレートに目をやると・・・
e0033751_2201674.jpg
なぬ!?
平成6年で推定年齢30歳つーことは、
今、平成27年だから・・・ご、51歳~っ!!!
僕より7つも年上じゃあないか~!!!
ひえ~。お見それしました!

恐縮しながら水槽の小屋を出ると、
ナニナニ?
e0033751_2212025.jpg

裏手の方にうな太郎の墓があるとのことだ。

せっかくなのでお参りしていこう。
ツルリと裏手に回ると、
わーあった!
e0033751_2214558.jpg

写真曇ってて、御姿が見えないけれど、
ナムー・・・安らかにお眠りください。
e0033751_222698.jpg

・・・さてと。

もう12時半か。

おやつ食べたり干し梅食べたり、飲み物飲んだりしてるせいで、
さほど腹も減ってないしなぁ。。。

よし!
とりあえず今度は、さっきの案内板にあった樺島の灯台を目指そう!

どりゃ~=3=3=3

To Be Continued =>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

[PR]
by akaneyaa | 2015-09-19 21:30 | 長崎名所めぐり | Comments(0)
更に続けて・・・
この前から物が立て続けに壊れてたので、
なんか薄々心配になってたんだけど、
一昨日の晩、とうとうと言うか、やはりと言うか、
2ヶ月前に歯医者いくのがメンドくて、
瞬間接着剤でとめておいた左下奥歯の銀冠が
コロリンと外れてしまった~っ!!!

ちょうどその翌日(昨日)はあかねや定休日だったので、
嵌めてもらいに歯医者に行こうとよっぽど思ったんだけど、
仕込みやら買い物やら、ボランティアガイドやら、
予定が結構タイトだったので、結局また瞬間接着剤でとめておいた。
(今度は高さもバッチリ嵌めれた)

でもって昨日。
ボランティアガイドに向かう途中。
お昼食べる時間がなかったので、
コンビニで買ったパンを食べながら向かってたら、
口の中にコロリンっとまた硬い異物が!
また銀冠が外れてしまったのだ。

やはり瞬間接着剤でも厳しくなってきたかな?

と、思って左下奥を確認してみると・・・

あれ?嵌ってる。

・・・つーことは~・・・

ぎゃあ!今度は右下奥だったーっ!!!

なんちゅうことだ。
コッチは2年9ヶ月前に外れてから、
ずーっと安泰だったのに。。。

スゴイタイミングだ。

でもかえって、歯医者行かないでよかった。
このタイミングだと、治療から帰ってきた途端に
外れてたかもしんないから、また行かなきゃなんなかったもんね。

つーわけで。
コッチも昨夜、瞬間接着剤でとめて済ませた。
(だんだん要領を得てうまいになったし)

しかしまあ、ホントに色んなものが集中して壊れてるなぁ。

まだなんかあるんじゃなかろうね。。。
[PR]
by akaneyaa | 2015-09-18 20:52 | 運動・健康・栄養 | Comments(0)